【2017年7月分】米国株の配当金実績を公開!夢の配当金生活を目指して。

スポンサーリンク

こんにちは。人生一度きり!

トクする事、タメになる情報を発信して自由人を目指しているコアラ太郎です。

今月も予想通りぐらいの額でした。(公開するのがお恥ずかしいです。笑)

最終的には配当金だけで月額50万円。

最終的には、世界中どこにいても、生活ができる「自由人」レベルにまで持っていきたいと思います。

予定取り行けば、10年以内には達成できると見込んでいます。

2017年7月分の受取配当金の実績

今月は、先月に比べて、若干減っていました。

ちなみに、先月6月の配当金は以下の通り、

米国株2,373円+日本株3,100円

=5,431円でした。

(7月31日のレート1$=110円換算)

7月の配当金実績はというと……

4,049円でした。

(1$=110円)

まだまだ額が少ないですね。。。。。涙

毎月徐々に受け取り配当額は、増えてる感じましますが夢の月額50万円までは、はるか遠いですね!

これまでの米国株と日本株の累積の受け取り配当金は、
18,343円=125.94$
(1$=110円。7月31日現在)

受け取った配当金は全て再投資して新たな銘柄を追加購入しています。

複利運用大好きなんで。笑

配当金生活を手に入れて、世界中どこにいても収入が入ってくる状況を作り出すのが目標です。

今月は、連続増配高配当銘柄で有名なタバコ関連銘柄フィリップモリス「PM」、アルトリアグループ「MO」が暴落する場面もあり若干ダメージをくらいました。

たぱぞうの米国株投資:フィリップモリス【PM】は高配当の米国タバコ銘柄

いんべすのべいかぶ:【PM】フィリップモリスから配当金を頂きました。

しかし、僕は配当金狙いの長期保有スタンスなので、株価の上下に一喜一憂せずに気長に楽観的に生活してます。

なんせタバコ関連銘柄は、それぞれ1株ずつしか保有してないので。笑

【節税】米国株はマネックス証券のNISA口座で購入する方が良い3つの理由。

米国株投資に関しては、使いにくい点もありますが、マネックス証券がオススメです。

米国株投資のオススメ書籍

書籍の前に、オススメ米国株ブログのご紹介。

いんべすのべいかぶ

いんべすさんとは、年齢も近いですし、「配当金でセミリタイア」という目標が一緒なので、勝手に親近感を覚えさせていただいています。

では、本の紹介です。

これらの本に出会って、マジで目から鱗でした。

これまでの僕は、たんに将来成長しそうな企業の株を保有すれば、儲かると思い込んでいたのですが、そうではなかったのです。

続きは、ジェレミーシーゲル先生の以下の本で!

特に、この赤本がオススメ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です