仮想通貨で英会話!「XRPに関する6つの迷信」リップル(Ripple)の公式サイトの記事を使って英語の勉強をしよう。

スポンサーリンク

こんにちは。人生一度きり!

トクする事、タメになる情報を発信して自由人を目指しているコアラ太郎(@koala_taro)です。

仮想通貨(リップル)の情報を得ながら、英語の勉強をする一石二鳥の記事です。笑

英語の勉強は「好きなこと、興味のあること」を教材にすることが一番の近道ですからね。

仮想通貨(リップル)の公式サイトで英語の勉強

仮想通貨(リップル)の情報×英語の勉強=仮想通貨投資と自己投資が同時できる。

個人的には、効率的!だと思っています。

しかし、ニーズがないのはわかっているので自己勉強のための、自己満記事です。笑

この記事で取り上げる英単語などは、僕自身がわからない単語や、使えそうな表現だと思うもの中心にピックアップしていきます。

僕が注目している仮想通貨リップル(XRP)ですが、ビットコイン、イーサリアム、に次ぐ市場があります。しかしリップルを取り扱っている取引所と、取り扱ってない取引所があります。

コインチェックではリップルを取り扱っていて僕も利用しているのでオススメです。二段階認証にも対応しているので、セキュリティーにも配慮している取引所です。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨に関する情報はほとんどが英語です。理由は、多くの仮想通貨が海外で生まれている事と世界中の相手に情報を提供するためです。

もちろん、グーグル翻訳などを使えば、日本語訳に変換できますが、一部おかしな日本語が表記されるのも事実です。

最近、なにかと規制の動きのあるICOなどのホワイトペーパーも英語で書かれていることが多いですので、英語ができる人と、できない人では、やはり少しでも差がついていきます。

個人的には、経済やビジネスに関する英語が使われる場面が多いので、TOEICの勉強にも少なからず繋がると思います。僕もTOEICを受験していた過去があるので、それは断言できます。

このような方々も、英語がある程度できると、仮想通貨の情報を入手するには良いと言っています。

今回の教材はこちらの記事。

少し前の記事ですが、2017年1月13日にリップルの公式サイトから配信されたこちらの記事を教材に使ってみたいと思います。

リップル公式サイト:XRPに関する6つの迷信

記事の主な内容は、以下の通りです。

  • 迷信1:Ripple Consensus Ledgerは中央集権型または許可制の台帳である。
    答え:バリデーションはRipple社ではなくネットワークへの参加者の手に委ねられています。
  • 迷信2:Ripple社はXRPの総供給量を1000億以上に増やすことができる。
    答え:XRPの存在量を増やすことによる便益は全くありません。
  • 迷信3:RippleがXRPの価格をコントロールしている。
    答え:Ripple社はXRPの価格をコントロールしていません。
  • 迷信4:銀行はXRPを使わない。
    答え:XRPには明確な金融機関のユースケースが存在し、最終的にはブリッジ通貨としての重要な価値を有することになります。
  • 迷信5:流動性提供者がXRPを使うのはリスキーである。
    答え:私達は現在RCL外の複数の取引所でXRPをリスティングする最中にあります。これによりXRPへのアクセスはさらに拡大し、流動性が向上します。
  • 迷信6:XRPの価値はRipple社の会社としての価値に反比例する。Ripple社のプロダクトが銀行に採用されることは、XRPのデジタル資産としての成功には無関係である。
    答え:XRPはRipple社の成功に関わらず、独自に存在し繁栄することができます。

この記事中の覚えておきたい単語や表現

  • myths:神話:名詞(mythの複数形)
  • debunked:主張などの誤りを暴く、暴露する、偽りを証明する:動詞(debunkの過去形)

6 XRP myths debunked

訳:XRPに関する6つの迷信

  • From time to time〜時々
  • Consensus:コンセンサス、総意:名詞
  • Ledger:元帳:名詞

From time to time, Ripple gets questions about XRP, the digital asset native to Ripple Consensus Ledger (RCL).

訳:Ripple社はRipple Consensus Ledger (RCL)に固有のデジタル資産であるXRPについて、日々様々な質問を受けます。

  • disseminated:意見を広める:動詞(disseminateの過去形)
  • substantial:実力のある、しっかりした:形容詞
  • clarification:説明、解明:名詞

recently there has been some misguided information being disseminated online which merits substantial clarification.

訳:よく話題となる「6つの迷信」を取り上げなぜその迷信が間違っているかを説明します。

  • authority:権限、権力:名詞

A permissioned ledger requires permission from some authority for access.

訳:許可制台帳では、特定の中央管理者から許可を得る必要があります。

  • validation:確認、承認:名詞
  • ultimately:最終的に、最後に、ついに:副詞

validation is ultimately in the hands of the network participants, not Ripple.

訳:バリデーション(承認)はRipple社ではなくネットワークへの参加者の手に委ねられています。

  • audited:監査の対象(auditの過去形)audit:会計検査、監査

the ripple code is open source and can be audited by anyone

訳:Rippleコードはオープンソースであり、誰もが監査することができます。

  • integrity:誠実、清潔、正直、真摯:名詞
  • compromise:譲歩する、妥協する:動詞、名詞

Ripple does not control the price of XRP. We take the integrity of the XRP market incredibly seriously and would never do anything to compromise that integrity.

訳:Ripple社はXRPの価格をコントロールしていません。私達はXRPマーケットの誠実さを非常に重要視しており、そのようなを誠実さを損なうことは行いません。

  • toward:〜に向かって、〜の方へ:前置詞

In order to strengthen stability of XRP, Ripple is working toward increasing liquidity, payments volume, and low spread volatility. Our current off ledger liquidity building efforts speak very clearly to these goals.

訳:XRPの安定性を向上させるために、Ripple社は流動性を高め、送金量を増やし、スプレッドのボラティリティを低減させるべく様々な施策をとっています。

  • nonsensical:無意味、馬鹿げた、理にかなっていない:形容詞
  • imperil:危うくする、危険にさらす:動詞

any attempt to intentionally influence the short term price of XRP is nonsensical as it would imperil trust in the company and the asset.

訳:意図的にXRPの短期的な価格を操作するような行動は、Ripple社やXRPに対しての信頼を損なうことになり、全く無意味なことです。

  • institutional:制度上の、協会の、組織の:形容詞
  • facilitate:容易にする、促進する、手助けする:動詞

To facilitate larger notional transfers by financial institutions XRP will necessarily have to be worth more.

訳:金融機関による大きい金額の送金を可能とするためには、XRPの価値は必然的に上昇する必要があります。

  • It’s important to note that〜:〜を留意することは重要である。注意すべきことは〜だ。
  • ultimate:究極の、最終の:形容詞、名詞
  • incorporates:合体させる、合同させる、統合させる:動詞
  • via:経由で、経て:前置詞
  • myriad:無数、数々

It’s important to note that while our ultimate vision incorporates XRP into global bank cross border payments via our Ripple solution,there are myriad scenarios and uses which are constructive to XRP.

訳:私達の究極的なビジョンは、Rippleソリューションを通して、グローバルな銀行間のクロスボーダー送金にXRPを統合させることですが、それ以外にもXRPにとって建設的なユースケースやシナリオは数多く存在する、ということも重要なポイントです。

  • inversely proportional:反比例の
  • traction:牽引力:名詞

The value of XRP is inversely proportional to the value of Ripple as a company – and Ripple’s traction with banks has nothing to do with XRP’s success as a digital asset

訳:XRPの価値はRipple社の会社としての価値に反比例する。Ripple社のプロダクトが銀行に採用されることは、XRPのデジタル資産としての成功には無関係である。

  • driven:~主導の、~駆動型の

The long-term value of XRP will ultimately be driven by its adoption as a cross border value transfer mechanism.

訳:XRPの長期的価値は最終的にはクロスボーダー送金のメカニズムとして採用されることにより決まります。

  • attributes:性質、属性、特質:名詞
  • regardless:〜に関わらず:副詞
  • Either way:どちらのせよ、いずれにせよ

these attributes do not ensure full integration with our enterprise software solution. Ultimately, XRP can be successful regardless of Ripple’s success. Either way, we continue to do everything we can to make sure XRP eventually becomes the digital asset standard for international value transfer.

訳:XRPはこのユースケースに非常に重要な性質を備えているものの、それは必ずしもRipple社のソフトウェアとの統合に依存するわけではありません。XRPはRipple社の成功に関わらず、独自に存在し繁栄することができます。いずれにせよ、Ripple社は、XRPが最終的には国際的な価値トランスファーにおける標準的なデジタル資産となるべく引き続き全力を尽くしていきます。

【実践】コインチェックで買える全種類の仮想通貨に1万円ずつ投資したら資産は何倍に増えるか。

2017.08.27
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

※グーグル翻訳などを基本に、自分なりに訳しているので間違っていても多めに見てやってください。

※またリップル(XRP)に関しての意見や購入動機などをブログ内で公開していますが、個別の通貨に関して実際の売買を推奨するものではありません。 実際の投資行動にあたっては、ご自身の判断にて行ってくださいますよう宜しくお願いいたします。 当ブログでは投資結果についての責任は負いかねます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です