バイナンスの草コイン仮想通貨に50種類投資して”億り人”を目指しているよ!

スポンサーリンク

こんにちは。人生一度きり!

トクする事、タメになる情報を発信して自由人を目指しているコアラ太郎(@koala_taro)です。

この度、海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)で50種類の仮想通貨に1万円ずつ投資を開始しました!

今から”億り人”を目指すには草コイン投資!?

僕が、バイナンスで草コインに投資を開始したのは、2017年12月22日です。

初期投資額50万円が、2週間程度で、評価額が約107万円になっております。2週間で2倍は凄いペースなので今後が楽しみです。

まず、草コインとは?

正確な定義は無いようですが、株の世界で例えるなら、1ドル以下のペニー株や価値が非常に低いボロ株や低位株の事です。

簡単にいうと、「激安の仮想通貨」ですww

よくわから無いコインも存在しており、笑い(www)が出るほどの見捨てられた仮想通貨たちの総称が「草コイン」だと思っています。

今では、急成長中のリップルとネムも2017年3月までは、1円程度の価値でしたが、今では100円を超えています。

当時は、ネムとリップルも草コインと言われていても、おかしくなかったのかもしれません。

そんな未来のリップルやネムのような、数百倍に上昇しそうな仮想通貨を探して、草コインへの分散投資を始めたのです。

というのも、今のビットコインは170万円前後で推移していますが、さらに今から100倍になる可能性は低いと考えます。

現在0.1ドルとかで取引されている謎の草コインであっても、100倍の10ドルになるほうが確率高い気がしませんか?ww

0.1ドルや、0.01ドルで買える草コインをたくさん取り扱っている取引所が、
Binance(バイナンス)です。

バイナンスは、2017年7月に香港で設立さればかりにも関わらず、驚異のスピードで成長をとげ今では24時間の取引高で世界1位の取引所です。

バイナンスの良い点

  • 日本語に対応されていて快適
  • 取引手数料が激安の0.05%
  • 取り扱い仮想通貨(草コイン)の種類100種類以上
  • 二段階認証対応している
  • 口座開設がメアドだけあれば3分ほどで完了
  • ハードフォークで分岐コインがもらえる事が多い
  • スマホアプリが見やすい

バイナンスの不安な点

  • 海外、中国(香港)の取引所ということで、何が起こるか分からない

僕は、分散投資が大好きで、現在米国株に約90銘柄、コインチェックで買える全ての仮想通貨13種類、ビットフライヤーで1通貨(モナコイン)、マイナー取引所でその他4種類の仮想通貨に分散投資をしていますが、今のところほとんどがプラスの成績です。

【2017年11月分】米国株の運用実績公開!夢の配当金生活でセミリタイアを目指そうよ。

2017.11.30

その前は日本株でも、つまみ食いをするような分散投資をしていた時にも、プラスの収支でした。

【株式投資】勝率7割!ストップ高狙いの「つまみ食い投資法」実績と手法を全部公開しちゃいます。

2017.06.11

これまでの分散投資の成果や実績を踏まえて、まだ激安の超低位通貨である通称「草コイン」に分散投資をすれば、それなりのリターンが得られるのでは!?っと思い、バイナンスで50種類の仮想通貨に1万円ずつ投資を始めました。

簡単にいうと、数打ちゃ当たる!?作戦です。(当たって欲しい)

バイナンスの良い点は、メールアドレスさえあれば、3分ほどで口座開設が完了する手軽さです。

国内の取引所と違い、面倒なマイナンバーや免許書などの身分証明書の提示や、本人確認のハガキを待つ必要はありません!
すぐ投資が開始できます。日本語対応もしているので、簡単でしたよ♪

バイナンスへの送金はコインチェックから送ったよ

バイナンスは、日本円に対応していないので、バイナンスで取り扱っている何かしらの仮想通貨を送金する必要があります。

コインチェック銘柄でバイナンスが取り扱い無しなのが、以下の4通貨でした。

  • FCT(ファクトム)
  • REP(オーガー)
  • XEM(ネム)
  • BCH(ビットコイン・キャッシュ)

ということは、上記の4つの通貨ではバイナンスに送金できない事になりますね。2017年12月28日現在。

一般的には、バイナンスへの送金は、ビットコインかイーサリアムが多いかと思います。(僕の友達はリップルを送金してました。)

具体的に僕がバイナンスに送金をするまでのステップです。

  1. 住信SBIネット銀行からコインチェックに日本円を入金
  2. コインチェック内で、ビットコイン(BTC)を購入
  3. ビットコインをコインチェックからバイナンスに送金

送金手数料が気になると思いますが、以下の通りです。(コインチェックサイトから引用2017年12月28日現在)

ご覧の通り、手数料が通貨によってこれだけ変わります。

  • ビットコインだと約1,700円(170万円時)
  • イーサリアムなら約800円(8万円時)
  • リップルなら約21円(140円時)

ビットコインは手数料が高い上に、送金に約20分かかりました。(僕の友人3名も、同じぐらいの時間でした。)

実は、バイナンスでは4種類の通貨で草コインを購入する事ができます。

  1. ビットコイン建て:約100種類の草コインが購入可能
  2. イーサリアム建て:約100種類の草コインが購入可能
  3. BNB建て:34種類の草コインが購入可能
  4. USDT(テザー)建て:6種類の草コインが購入可能

手数料が安いという理由で、イーサリアムをバイナンスに送金して、イーサリアム建てで、草コインを購入しようとしましたが、

出来高や流通量的にビットコインが無難と思い、ビットコイン建てにしました。

リスク分散やイーサリアムの将来性を考えると、イーサリアム建てでの保有も作戦としてはありだと思っています。

ちなみに、リップル(XRP)でコインチェックからバイナンスに送金した友人の一人いわく、一瞬で送金完了したとの事でした。

まっさきに買うべき草コインは「BNB」

BNBとは、バイナンスが発行する独自のトークン(仮想通貨)です。

この通貨を保有する事で、購入手数料をBNBで支払ってくれます。

通常であればバイナンスの取引手数料は、0.1%の手数料ですが、BNBを手数料の支払いに設定する事で0.05%となるのです!

なのでバイナンスを利用する場合は、BNBはまず真っ先に購入すべき草コインです!

一応、デフォルトでBNBを使って取引手数料を支払う設定にはなっていますが、念のために確認してみてね♪

↓PC版の画面

↓スマホ版の画面

どんな草コインに投資するのか?僕なりの基準。

バイナンスでは、100種類以上のコインを取り扱っています。

可能であれば、全種類に1万円ずつ投資したいところですが、そんなお金はありません。笑

徐々に全通貨保有できるように、少しずつ広げていきますが、まずは、出来高上位50銘柄から購入することにしました。

海外サイトのコインマーケットキャップ(CoinMarketCap)というサイトで出来高ランキングを見る事ができます。(無料)

なんと!1,376種類の仮想通貨の情報が見る事ができます!!2017年12月28日現在

僕は、このサイトの上位からチェックしていき、コインチェックですでに保有している通貨を除いた上で、バイナンスで購入できる通貨を黙々と50種類購入していきました。

なので、僕は、それぞれの仮想通貨の役割、ホワイトペーペーなどは当然読んでもいません。

あの仮想通貨で大成功したニシノカズさんも、「周りの人の誰もが怪しい!詐欺コインだろ!」っと言われるコインに2,000万円を集中投資した結果、評価額が5億円を超えたとのことです。
(ニシノカズさんは、そのコインについては、徹底的に調べ上げたとのこと。)

多くの人が、懐疑的なコインでも今の仮想通貨バブルの状況では、爆上げの可能性があるという事です。

僕は、わざわざ多くのコインを調べ上げる事はしないズボラな性格なので、とにかく多くのコインに少額ずつ分散する事を心がけたいと思いっています。

50種類の中から、100倍になる通貨が10種類でも出てきたら良いなという宝くじ感覚ですね。

宝くじは、時間をかけて調査や勉強しても無意味なのと同じ感覚で取り組んでいます。くじを買うぐらいなら、仮想通貨を買う方が今のトレンドにおいては、良いと個人的には思っています。

気分的には、「年末ジャンボ草コインくじ」です。

1年後、この50種類の草コイン50万円分で”億り人”になれていることを目指して。ちょいちょい報告していきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です