【実践】コインチェックで買える全種類の仮想通貨に1万円ずつ投資したら資産は何倍に増えるか。

スポンサーリンク

こんにちは。人生一度きり!

トクする事、タメになる情報を発信して自由人を目指しているコアラ太郎(@koala_taro)です。

2017年8月から仮想通貨投資デビューいたしました。

現在の投資成績は、35万円→約41万円
2017年8月27日現在

正直なところ、仮想通貨への投資は、乗り遅れたというか遅すぎたと反省しています。

世の中は、先行者有利の世界です。素早く情報収集し、素早い行動をとった者が有利ということは、5年ほど前の太陽光発電投資ブームで痛いほど思い知らされました。

それなのに、あと1年早く参入したかった。実際に1年前に友人たちと購入を検討するような話しまでしていたのに、結局行動をしないと何にも始まらないということですね。涙

仮想通貨投資は、僕の中では投資というか投機に近く、さらには宝くじを買う気持ちと似ています。

余剰資金で気楽に投資ができれば、精神衛生上も楽です。

仮想通貨投資は、まだ未発達な分野なので、リスクを承知で自己責任でお願いします。

多くの種類の仮想通貨が買えるコインチェックで投資スタート

ビットフライヤーという取引所に当初は口座開設していたのですが、最終的には、コインチェックという取引所での取引に行き着きました。

コインチェックを選んだ理由は、僕が目当てとしている多くの種類に分散して仮想通貨投資ができるということです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

過去に日本株の投資において、同じような少額分散投資をしていました、その手法を仮想通貨にも応用したということです。

この投資方法を僕は、「つまみ食い投資法」と勝手に名付けています。笑

多くの種類の銘柄をバイキングやブッフェで食事をするかのように、少額ずつつまみ食いしていくのです。

【株式投資】勝率7割!ストップ高狙いの「ばらまき投資法」実績と手法を全部公開しちゃいます。

2017.06.11

少額であるメリット→リスク分散、心理的な負担が少ない

  • 1万円を仮想通貨に投資して、万が一、0円になれば1万円の損失。
  • 1万円を仮想通貨に投資して、暴騰して50万円になればラッキー♪

これくらいの気軽な感じで始めました。

1万円がハードルが高いという方は、5000円からでも各種コインは買えますよ。

実際のところ、1万円でチャンスにかけてみるという行動をとらない人が多いのが現状です。

このような1万円の損失を恐れるような傾向を、「損失回避傾向(プロスペクト理論)」と言います。

金融リテラシー調査の結果でも顕著に現れています。

少しだけ脱線しますが、以下は、実際の金融リテラシー調査お中での設問です。

Q.10 万円を投資すると、半々の確率で 2 万円の値上がり益か、1 万円の値下がり損のいずれかが発生するとします。あなたなら、どうしますか。

  1. 投資する (21.4%)
  2. 投資しない (78.6%)

しかし、この設問の場合、①番の選択肢は、期待収益率+5%の投資(儲かる確率が高い投資)なので、①番の「投資する」を選ぶ方が一般的には合理的な行動だと思われます。

結果は、約8割(78.6%)もの人が儲かりそうな投資に投資を”しない”という結果になりました。

【保存版】「金融リテラシー調査」の結果から判明したスグに実践すべき3つの習慣

2017.08.12

もちろん仮想通貨が50%の確率で値上がりすると言っているのではないですが、今の仮想通貨市場は設問に似たような状況だと個人的には思っています。

というのも、コインチェックで現在買える通貨の多くが、何十倍に価値が増えています。

何倍に増えたかという詳細は、後ほどチャートと一緒に解説します。

ということは、ほんの数ヶ月前に仮想通貨に関する情報にアンテナを張っていれば、仮想通貨の可能性に気づくことができたかもしれません。

それができなかった自分に反省するのと同時に、逆に今のタイミングで気付けて、行動に移せたことは褒めてやりたいと思います。笑

その辺の宝くじを買うよりは、仮想通貨を買う方が、ドキドキ、ワクワク感は高いと個人的には思います。

そんな意見が出せる理由は、体験済みの僕自身の経験からの裏付けです。

【ナンバーズ投資】当選連発したけど宝クジは今すぐ辞めたほうが良いこれだけの理由

2017.06.18

現在の仮想通貨への投資状況

2017年8月27日現在の状況としては、
コインチェックで買える全銘柄13種類に約35万円分、分散投資をしています。

(※リップル(XRP)は21万円の投資、ZECは2万円、他の銘柄には1万円ずつ)

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. イーサリアム・クラシック(ETC)
  4. リスク(LSK)
  5. ファクトム(FCT)
  6. モネロ(XMR)
  7. アウガー(REP)
  8. リップル(XRP)
  9. ジーキャッシュ(ZEC)
  10. ネム(NEM)
  11. ライトコイン(LTC)
  12. ダッシュ(DASH)
  13. ビットコインキャッシュ(BCH)

投資後すぐに46万円にまで資産が一時的に増えるということがあり、仮想通貨の可能性を実感しました。

各通貨とも小数点がたくさんありますが、これは1万円で買えるだけを買っているのでこのようなことになっています。

例えば一番上のビットコイン(BTC)は高価で、1ビットコイン買うのに約50万円近く必要です。それを1万円で購入できる分だけ注文をしたのでわずか0.03のビットコインを購入したという状況です。

もちろん仮想通貨投資に、急激な上昇があるということは、暴落というリスクがあるのも忘れずに!

急騰、暴落時には、取引所が売買を一時ストップにすることもあるので、大儲けできそうなタイミングで売却ができないというリスクもあります。

売りたい時に売れないということは、悔しいですからね。←1番避けたい

基本的には投資は、自分の理解でき無い複雑なものには、投資は行わないい方がいいです。

しかし、仮想通貨投資はどちらかというと、宝くじに近い感覚で実践しています。
わざわざ全ての通貨について、詳細に調査や勉強、などの時間をかけることはせずに、とりあえず早いうちに始める方が良いという考えです。

普通の人なら、宝くじを買う前に、詳細な分析や研究はしないと思います。

ただ、宝くじ売り場に行き、何も考えずに買うだけじゃないでしょうか。

その考えと一緒で「とりあえずコインチェックという仮想通貨の売り場に行って、仮想通貨を買った。」という気軽なスタイルで仮想通貨投資をしています。

13種類の仮想通貨がどれくらい上昇したか

以下で説明する金額は2017年8月27日現在の価格であり、「過去1年間」も起点は同じです。

スマホアプリで簡単に見れる過去1年分のチャートでどれだけ価値が増えたのかを見ていきます。

ここで、重要なのが1年前の2016年8月27日頃、あなた自身が、何をしていたかを思い出しながら考えると1年前に人よりも早く仮想通貨投資ができていたかもしれません。

  • 去年の今頃、テレビや新聞ではどんなニュースや事件、事故があった?
  • スマップ解散表明、リオ五輪で日本がリレー400mで銀メダルなどのニュースがあったのは、まさに2016年8月頃。
  • その頃にタイムスリップしたとして、”仮想通貨”に関する知識や情報、世間の認知度はどうだったでしょう?
  • もし、1年前に仮想通貨に関する情報に対して、アンテナを張っていたら、仮想通貨に投資をしていたでしょうか?
  • 逆に、1年前の自分に仮想通貨投資を開始するように助言するには、どんな行動をしていればよかったでしょうか?
  • 仮想通貨に限らず、あらゆる情報に関して次の1年後、5年後、10年後、同じような後悔をしないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

以下の各通貨ごとのチャート画像を見てもらうと、1年前でなくても、半年前に投資を開始していても大きな利益を手に入れれたことがわかります。

1.ビットコイン(BTC)

1ビッットコイン(BTC):約480,000円

過去1年間で最高値:約480,000円

過去1年間で最安値:約58,000円

最安値時に購入し、最高値で売却できた場合、約8倍に上昇

1万円が8万円に。

2.イーサリアム(ETH)

1イーサリアム(ETH):約37,000円

過去1年間で最高値:約47,000円

過去1年間で最安値:約800円

最安値時に購入し、最高値で売却できた場合、約約59倍に上昇

1万円が59万円に。

3.イーサリアム・クラシック(ETC)

1イーサリアム・クラシック(ETC):
約1,700円

過去1年間で最高値:約2,500円

過去1年間で最安値:約87円

最安値時に購入し、最高値で売却できた場合、約29倍に上昇

1万円が29万円に。

4.リスク(LISK)

1リスク(LISK):約750円

過去1年間で最高値:約820円

過去1年間で最安値:約12円

最安値時に購入し、最高値で売却できた場合、約69倍に上昇

1万円が69万円に。

5.ファクトム(FCT)

1ファクトム(FCT):約3,400円

過去1年間で最高値:約3,900円

過去1年間で最安値:約200円

最安値時に購入し、最高値で売却できた場合、約20倍に上昇

1万円が20万円に。

6.モネロ(XMR)

1モネロ(XMR):約14,000円

過去1年間で最高値:約16,000円

過去1年間で最安値:約500円

最安値時に購入し、最高値で売却できた場合、約32倍に上昇

1万円が32万円に。

7.オーガー(REP)

1オーガー(REP):約3,200円

過去1年間で最高値:約4,000円

過去1年間で最安値:約300円

最安値時に購入し、最高値で売却できた場合、約13倍に上昇

1万円が13万円に。

8.リップル(XRP)

1リップル(XRP):約22円

過去1年間で最高値:約45円

過去1年間で最安値:約0.6円

最安値時に購入し、最高値で売却できた場合、約75倍に上昇

1万円が75万円に。

9.ジーキャッシュ(ZEC)

1ジーキャッシュ(ZEC):約31,000円

過去1年間で最高値:約400,000円

過去1年間で最安値:約3,000円

この通貨は、チャートの通り当初の頃から暴落して、約133倍に下落

1万円がほぼ0円に。けど損失はたったの1万円。

仮想通貨投資では、当然このようなリスクもあります!

10.ネム(XEM)

1ネム(XEM):約29円

過去1年間で最高値:約34円

過去1年間で最安値:約0.4円

最安値時に購入し、最高値で売却できた場合、約85倍に上昇

1万円が85万円に。

11.ライトコイン(LTC)

1ライトコイン(LTC):約5,800円

過去1年間で最高値:約6,300円

過去1年間で最安値:約380円

最安値時に購入し、最高値で売却できた場合、約17倍に上昇

1万円が17万円に。

12.ダッシュ(DASH)

1ダッシュ(DASH):約41,000円

過去1年間で最高値:約44,000円

過去1年間で最安値:約900円

最安値時に購入し、最高値で売却できた場合、約49倍に上昇

1万円が49万円に。

13.ビットコイン・キャッシュ(BCH)

1ビットコイン・キャッシュ(BCH):
約67,000円

過去1年間で最高値:約82,000円

過去1年間で最安値:約33,000円

最安値時に購入し、最高値で売却できた場合、約2.5倍に上昇

1万円が2万5千円に

このビットコイン・キャッシュ(BCH)は、2017年8月1日にビットコインから分岐して産まれた、新しい通貨ですが1ヶ月も経たずに2.5倍になっています。

以上が、私が投資をしている13種類の仮想通貨です。

未来が予想できる神様じゃない限り、以上で紹介したような最安値で購入し、最高値で売却することはほぼ不可能です。

なので、上で説明した内容は、”最大限の利益”を得ることができた場合の数字なので、それを考慮お願いします。

※各種手数料なども考慮しておりません。

では、最後に全ての13種類に1万円ずつ投資した場合の利益を見てみましょう。

  • 投資額:13万円
  • 最大利益:約459万円
  • 損失:約1万円

計:利益445万円

計算上、初期投資額が34倍に増えたことになります。

もちろん、これは過去の話です。

重要なのはこの先です。

この先、全ての通貨が大暴落で無価値になる可能性もあるかもしれません。

その一方で、さらに何十倍、何百倍になる可能性だってあるのかもしれません。

1万円を全ての通貨につまみ食いをするように投資をすことは夢が合ってドキドキワクワクします。

1年前に自分にこの質問を問いかけたい。

「半々の確率で13万円が0円になるかもしれない。13万円が459万円になるかもしれない。さてどうする?」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨で英会話!リップル(XRP)の公式サイトで英語の勉強をしながらRippleの最新情報を入手しよう。

2017.09.10

※投資に関しての意見や購入動機などをブログ内で公開していますが、個別の通貨に関して実際の売買を推奨するものではありません。 実際の投資行動にあたっては、ご自身の判断にて行ってくださいますよう宜しくお願いいたします。 当ブログでは投資結果についての責任は負いかねます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です