【ハロウィン仮装】100均グッズでドローンの仮装をして街を歩いたら一瞬で人気者になれるよ。

スポンサーリンク

こんにちは。人生一度きり!

トクする事、タメになる情報を発信して自由人を目指しているコアラ太郎(@koala_taro)です。

ハロウィンで仮装を決めてなくて焦っている方必見!

まだ間に合うかもよ!?

僕らは、沖縄県の某ハロウィンパーティに、「ドローン」の仮装で参加してきましたので結果をレポートします。

仮装で人気者になりたいならドローンの仮装で決まり。

毎年、渋谷スクランブル交差点では大混雑するほど、日本でもハロウィンの文化が根ずいてきましたね。

ハロウィンというか仮装大会に近い感覚ですが、かなり盛り上がりを年々ましてますよね〜。

盛り上がりすぎてDJポリスという道路交通整理のおまわりさんが話題になるほど。

そんな中、2018年のハロウィンは、人と違う仮装をして目立ちたいけど、まだどんな仮装にするか決めてい無い…….という人には、

是非、仮装に「ドローン」をオススメします!!

仮装でドローンって……….

まさかあのドローン???

そう!このドローンです!モデルはDJIさんのPhantomです。詳細はこちらでDJI 公式サイト

f:id:bicycle-riderback147:20161030200607j:plain

なんか飛んでるけど。。。笑

別名「マルチコプター」

羽が4つぐらいついた空飛ぶラジコンみたいな、今話題のあれですよ。

今年ならドローンの仮装は、間違いなく老若男女、国籍問わず確実に人気者になれます。

というか、実際に人気者になれました。笑

2時間ほどで50名以上の方に写真撮ってくださいと言われたと思います。

恐らく、人生で最初で最後の人気者になれたと思う瞬間でした。

その思いでというか証拠の写真の一部をスライドショーでどうぞ。

100円ショップのモノだけで、1500円で作れるドローンの作り方を後半部分で、完全公開します!

ドローンの仮装をしていた人は、僕ら以外に見たこと無かったので、ハロウィン本番までに仮装を決めて無い人は、まだ間に合います!

これからの時代の仮装は、「ヒトからモノへ。」

妖怪でもなく、キャラクターでもなく、モノに仮装しましょう。笑

 

ダイソーにあるモノだけでドローンの仮装は作れる!

100円ショップのダイソーさんは、本当に品揃え最強ですね。

100均にあるものだけで、何でも作れる気がします。

ドローン製作に必要な主なモノは、こちらです。

f:id:bicycle-riderback147:20161030195759j:plain
  • サイクロンコプター 4個 400円
  • ざぶとん 1個 200円
  • バスケット 1個 100円
  • ワイヤーネット1個 100円
  • 白のスプレー 1本 100円
  • 双眼鏡 1個 100円
  • 粘着布テープ(白色) 1ロール 100円
  • 粘着布テープ(赤色) 1ロール 100円
  • 縫い針セット 1個 100円
  • ミシン糸 1セット 100円
  • 結束バンド 1セット 100円

しめて 計 1,500円!!(税抜き)

わずか1,500円でドローンが作れて、人気者になれる。

もちろんプロペラも回る仕掛けになっています!!!

簡単!しかも製作時間はわずか2時間。

ドローンの製作にあたって、

構想時間30分。製作時間2時間。

以外と簡単に作れました。

順番を追って製作方法を説明していきます。

①プロペラをそれらしく加工します。

f:id:bicycle-riderback147:20161030200044j:plain

不要な部分をカットすると、こうなります。

f:id:bicycle-riderback147:20161030200923j:plain

この作業を残りのプロペラも同じようにします。

プロペラが飛んでいかないように、黒い棒とプロペラを接着剤で肯定します。

f:id:bicycle-riderback147:20161030201017j:plain

 ②バスケットをそれらしく加工します。

f:id:bicycle-riderback147:20161030201112j:plain

4面ともハサミでカット。

f:id:bicycle-riderback147:20161030201157j:plain③バスケットの上に、ワイヤーネットを乗せて角にサイクロンコプターを固定します。

f:id:bicycle-riderback147:20161030201250j:plain

④メインのボディ部分は座布団とテープで形を整えます。

f:id:bicycle-riderback147:20161030201439j:plain目指すボディのイメージはこれです。

f:id:bicycle-riderback147:20161030201659j:plain

テープで形を整えていきます。

f:id:bicycle-riderback147:20161030201757j:plain

⑤座布団をワイヤーネットに縫い針で固定。

f:id:bicycle-riderback147:20161030202834j:plain

⑥白のスプレーで塗装します。

f:id:bicycle-riderback147:20161030203051j:plain

⑦双眼鏡をカメラに見立てて結束バンドで固定。

ポイントは、双眼鏡の目を当てるところがカメラレンズっぽいので、そこをあえて前に向ける。

f:id:bicycle-riderback147:20161030204817j:plain

⑧引くとプロペラが回るヒモを結んで2機のプロペラが同時に回るようにする。

f:id:bicycle-riderback147:20161030210140j:plain

↓プロペラが回る動画はこちら↓

オプンション1 

ヘルメットがあれば、ヘルメットをはめ込んで固定する。

f:id:bicycle-riderback147:20161030205024j:plain

これでドローンの完成です。

f:id:bicycle-riderback147:20161030204742j:plainオプション2 全身白の格好になる。

f:id:bicycle-riderback147:20161030205521j:plain

万が一、ドローンを知らない人が、いる場合もあるので、「ドローン」とこれでもか!というほど大きく書きます。

海外の人にも人気になりたいのなら、

英語で「Drone」と書けば圧倒的なアピールに。

これが、実際の完成形の格好です。笑

f:id:bicycle-riderback147:20161031210457j:plain

スタバでドローン。

f:id:bicycle-riderback147:20161031210529j:plain

クラブでドローン。

f:id:bicycle-riderback147:20161031210559j:plain

 ドローンアホ動画。

ちなみに、沖縄を代表するUUUM所属のユーチューバー「ハイサイ探偵団」に取材され動画にも撮影されました。笑

youtu.be

2:57秒あたりからドローン2人組みが登場しています。笑

この記事を読んですこぶるドローンが欲しくなった方は、こちらでどうぞDJIオンラインストア

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です