コスパの観点からコンビニコーヒー派からネスカフェドルチェ派になった理由。

スポンサーリンク

 こんにちは。人生一度きり!

トクする事、タメになる情報を発信して自由人を目指しているコアラ太郎です。

コンビニコーヒー安くて美味いですよね!!

僕も頻繁に飲んで”いました”。

1杯100円で安いからといって、毎日飲む人なら1ヶ月3,000円。

ネスカフェドルチェを使うことで、コンビニコーヒ並みの味わいで1杯の値段を約54円にまで安くする方法を見つけました。

f:id:bicycle-riderback147:20170108222358j:plain

 毎日のコーヒー代が意外とバカにならない!?

最近は、コンビニコーヒーの台頭でコーヒーを飲む頻度が増えたという人多いのではないでしょうか?

僕も100円コンビニコーヒーが流行りだしてから、月に8杯〜10杯は飲んでいると思います。

安くて、手軽で、美味しくて。

コーヒー文化の根付くフランス人の友達をファミリーマートに連れて行ったら100円コーヒーの味に感動していたことを覚えています。

それ以降フランス人の友人はいつも「ファミリーマート、ファミリーマート」って連呼していました。笑

コンビニコーヒーの品質がそれだけ高いということなんでしょうね。

そんなコーヒーの消費量について調べてみたところ、日本人が1週間に飲むコーヒーの量の平均は、

なんと11.13杯。

f:id:bicycle-riderback147:20170108182758p:plain

出所:全日本コーヒー協会

http://coffee.ajca.or.jp/wp-content/uploads/2011/08/data04_2015-06b.pdf

1ヶ月を4週だと考えると、この統計から推計すると1ヶ月に約45杯も飲んでいる計算になります。

45杯を1杯100円として計算すると、4,500円。

これをブログの後半では、

1杯54円にまで下げます。

1杯54円だと、45杯飲んでもで2,430円。

さきほどの統計は、2014年のデータなので、今コンビニコーヒーがさらに勢いがあることを考慮すると、2016年の統計時にはさらに消費量が増えている可能性はあるかもしれません。

この統計でわかることは、2002年以降ほぼ一貫して消費量が増えているということです。

注目すべきことは、家庭でのコーヒ消費量もほぼ一貫して増え続けています。

背景としては、僕が愛用しているネスカフェ ドルチェグスト「Piccolo(ピッコロ)プレミアム」などの、高品質の家庭用コーヒーメーカーを利用している人が増えてきているからだと思います。

一度利用すると、この便利さに驚いて購入を検討する友達も周りに増加中です。笑

ドルチェグストでは、コーヒー1杯が約54円で飲める。

ドルチェグストをお勧めする理由は。

  • コスパ良い。
  • うまい。
  • 超簡単。
  • お手入れが簡単。

ネスカフェドルチェのコーヒーは、コンビニコーヒーと同等レベルで美味しいですので、コンビニコーヒーから乗り換えても全く気になりませんでした。

ちなみに、このネスカフェのドルチェグストを購入するには、ネスカフェの公式サイトから申し込む、マシン無料やカプセル10%割引になるキャンペーンが定番です。

しかし、60箱(960カプセル)=約5万円分の購入がノルマになってしまうので、

僕はそれが重荷なので、諦めました。笑

コーヒーを毎日2、3杯飲む人には向いているかもしれません。

僕は、ネスカフェの定期便以外で安く買う方法を検討しようとAmazonで検索しても、最安値は定価プラス消費税の924円でした。

ドンキホーテや、家電量販店でも調べましたが、定価でしか見つけることができませんでした。

924円が限界か。。。。

っと諦めかけていた時、地元のスーパーで税込871円で売っていました!!!

f:id:bicycle-riderback147:20170108204713j:plain

レシートでは、税抜き807円ですが、税込にすると、871円です。

16カプセル入っているので、1カプセルあたり、

約54円。

みなさんの地元のスーパーでも定価より安く売っていることがあるはずなので、よくチェックしてみてください。

先ほど紹介した1ヶ月のコーヒー消費平均量45杯を1杯54円で計算すると、2,430円。

コンビニの100円コーヒーを45杯飲むと4,500円なので、

1ヶ月で2,070円の節約。

年間だと24,840円の節約になります。

スポンサーリンク

 

ドルチェグスト本体を激安で手に入れるには。

ある方法をすることにより、僕の例で言うとドルチェグスト本体を実質177円で手に入れることができました。

その理由は、通常4,500円前後のドルチェグストをサイバーマンデーのタイムセールで3,200円で購入することができました。

この手のタイムセールはたまに行われるので、要チェックです。

まずは、証拠画像から、

f:id:bicycle-riderback147:20170108185553p:plain

割引1,297円というのがタイムセールの割引額です。

さらに、Amazon Mastercardクラシックを作るともらえる5,000円分の特典ポイントの内、3,023円を利用したところ、最終的にドルチェグスト本体が177円となりました!笑

Amazon Mastercardクラシック は特典が多いので詳細は、こちらの記事を!

www.kinfumi.com

 ドルチェグスト本体の費用はすぐ元が取れる。

僕が購入した一番シンプルなドルチェグストピッコロの本体価格は、日々変動するのですが平均的には4,500円ほどです。

1ヶ月に45杯をコンビニ100円コーヒーで飲んでいた人が、ドルチェグストに切り替え得ると、1ヶ月で2,070円の節約なので、3ヶ月もあればドルチェグストピッコロ本体価格を回収できます。

一つ上機種のネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアムもあります。

主な違いは、こちらの端末は自動で好みの量で抽出をストップできるくらいです。

こちらの商品でもAmazonでは平均8,000円前後なので、4ヶ月で元が取れます。

コーヒーの作り方も、カプセルを入れて、水を入れて、スイッチポンなので、お手入れが 楽なのがお勧めです。

とにかく、ドルチェグストは安くて、美味しくて、楽なので、コーヒー好きで頻繁にコンビニコーヒーを飲む方は、ドルチェグストに乗り換えることも検討してみてはいかがでしょうか?

職場に1台置いて使うのもオススメですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です