日経ウーマンを購読中の男性が急増中!?男性が読むメリットとは。

スポンサーリンク

トクする情報、タメになる情報を発信して「自由な働き方」を目指しているコアラ太郎(@koala_taro)です。

日経ウーマンは、女性向けの投資情報雑誌ですが、僕は購読しています。

男性が日経ウーマンを読むメリットをご紹介します。

日経ウーマンとはどんな雑誌?

日経ウーマンとは、「仕事を楽しむ、暮らしを楽しむ」がテーマの雑誌で、働く女性を応援するコンテンツが豊富でとても役に立つ情報が豊富です。

読者層は20代、30代の働く女性で、「自分で稼ぎたい、資産運用したい」という女性陣から高く支持されています。

主な雑誌のコンテンツとしては、

  • 資格
  • 就職・転職・副業
  • 恋愛・結婚・出産
  • マネー管理
  • 趣味
  • メイク

特に、日経ウーマンの1番の魅力は、マネー管理に関する特集です。

節約術、貯金、つみたてNISA、iDeCo(イデコ)、ふるさと納税、などから、まずは始めてみたいという女性にとって非常にわかりやすくまとめられています。

実際に大金を貯めた方や、資産運用で成功している女性インタビュー記事などが豊富です。

実体験インタビューなので、説得力がある点と自分でもデキるかもしれないというドキドキ感、ワクワク感を得ることができます。

もちろん、日経ウーマンは、男性が読んでも、とてもわかりやすく、勉強になる内容ばかりです。

むしろ、男性よりもすごい金額を資産運用している人が多いので、自分ももっと頑張ろう!というモチベーションに繋がっています。

日経ウーマンの発売日と価格

日経ウーマンは、日経BP社が毎月7日に発売する雑誌で、価格は600円〜620円で、月によって若干価格が異なります。

毎月、紙の雑誌で購読したい方は、年間購読プラン存在します。(12冊7,070円)

年間購読なら1冊あたり589円になるので、お買い得であり毎月送料無料で自宅に届けられるので、書店に買いに行く手間も省けます。

楽天ブックスとFujisan.co.jpのコラボ企画を利用して定期購読すると、エントリー不要で楽天ポイント3倍付与されます。

さらに、初めての利用だと5,000円以上のご注文で500円の割引が適用されます。

楽天ブックスで「日経ウーマン」をお得に定期購読する

さらに、お得な購読方法として楽天マガジンを利用すれば、日経ウーマンの記事の大半を読むことができます。

表示されないページも存在しますが、紙版の約8割〜9割を読むことができます。

楽天マガジンは、月額380円で200誌以上が読み放題になるお得なサービスなので他の雑誌を読む事もできて便利です。

年間払いだと3,600円なので、月額換算わずか300円(税抜き)で利用できますので年間払いがオススメです。

今なら、31日間無料体験できるので、まずは体験から始められるのも安心です。

日経ウーマンを男性が読むメリット

男性が、日経ウーマンを読むメリットは、3つあります。

  1. 男性が読んでも、タメになる情報が多い
  2. 投資に興味ない彼女、妻に興味を持ってもらう事ができる
  3. 負けたくないという想いがモチベーションがアップに繋がる

①男性が読んでも勉強になることが多い

日経ウーマンには、投資について初心者の女性向けに解説された記事が多いです。

例えば、「初めてのNISA」だとか、「はじめてのiDeCo(イデコ)」などの記事が多いです。

なので、当然男性が読んでもわかりやすく解説されているのでオススメです。

また、構成やデザインもとても可愛いくシンプルに作り込まれているので、とにかく読みやすいです。

②投資に興味がないパートナーを資産運用に巻き込むことができる

男性側は投資に興味があったり、実際に投資をしている事が多いと思います。

しかし、パートナーが安定志向で投資にアレルギーを持っている場合も少なくないと思います。

資産運用は夫婦、カップルで力をあわせると、1人よりも2倍のスピードで効率よく資産運用ができるので、相方を巻き込むのは非常に重要です。

そういう意味で、なんとしてでも男性としては、パートナーにも資産運用に興味を持ってもらいたいものです。

そんな時に、日経ウーマンは強力なアイテムとなります。

日経ウーマンの素晴らしいポイントは、資産運用だけでなく、メイクや美容、占いなど女性雑誌の要素も含まれているので、少しずつ資産運用に興味をもってもらえるような内容となっています。

悪い言い方をすると、少しずつ資産運用の大切さを植え付けることが可能になります。笑

僕が彼女に実際に成功したので、オススメできる手法です。

僕の彼女は、格安SIM(楽天モバイル)に移行し、楽天カードを申請、楽天証券でつみたてNISAを始め、ふるさと納税も行う事ができました。

これらは、日経ウーマンで毎月のように特集されるような内容なので、効果バツグンだったと思います。

③敏腕女性投資家に対して、負けず嫌い&モチベーションアップ

日経ウーマンには、敏腕女性投資家が度々出演します。

実際に運用中に資産を公開していたりするのですが、億を越える資産を持つ女性も登場することもあります。

今は、女性も男性も平等な社会だからこそ、それを見ると男性の僕は燃え上がり、自分も負けじと頑張ろう!といつもモチベーションをいただいています。

女性の方が資産運用のパフォーマンスが良いという調査もあるので、女性の投資スタイルを学ぶ意味でも、男性が日経ウーマンを読んで女性から習うことは、とても大事です。

コラム:女性はなぜ「優れた投資家」なのか:ロイター通信

以上が、日経ウーマンを男性が読むメリットです。

パートナーが資産運用に興味をもってくれずに悩んでいる男性方には、日経ウーマンは強い味方になると思いますよ♪