【Kindle英語勉強法】Kindleは読書だけじゃない!上手に使えば最強の英語勉強ツールに変身。

スポンサーリンク

こんにちは。完全自由人を目指しているコアラ太郎です。

そろそろ将来のことを考えて、英語の勉強に本気で取り組みませんか?

Kindleを読書だけに使うツールにしてしまっては、もったいないですよ。

Kindleを上手く活用することで、TOEICなど英語勉強に利用することができて超オススメです。

f:id:bicycle-riderback147:20160820153312j:plain

Kindleを使って英語勉強をするメリット

  1. 分厚くて重たい参考書や問題集を持ち運ぶ必要がなくなる。
  2. Kindle Unlimitedに含まれた参考書や問題集であれば、無料で読める。
  3. フラッシュカード機能により、苦手な単語の暗記作業が楽になる。

▼1.分厚くて重たい参考書や問題集を持ち運ぶ必要がない。

一般的に、英語勉強に関連する本は、分厚い傾向にあります。

英語勉強本を常に持ち歩くには、重くて、かさばるし、何かと面倒ですよね。

もし、それらの本がKindle版として販売されていたとすると、わずか200g前後のKindle端末に収まるのです。

f:id:bicycle-riderback147:20160821172222j:plain

社会人の勉強の鉄板であるTOEIC関連本を例に見てみると、

「1駅1題 新TOEIC® TEST 単語 特急」がKindle版として存在します。

新書として購入すると821円。Kindle版だと570円でKindleの方が安いです。

基本的に紙の本より、Kindle版の方が安いのでKindleを持っていない方は、Kindleの購入をオススメします。

 

▼2.Kindle Unlimitedに含まれた参考書や問題集であれば、無料で読むことができる。

なんと!さきほど紹介した本はKindle Unlimitedに含まれているので、Kindle Unlimitedを利用中の方は0円で読めます。

※Kindle Unlimitedとは、月額980円で、指定された本が読み放題になるサービスです。

ここからが、Kindle英語勉強法の一番のオススメポイントです。

Kindleには、覚えたい単語を選択することにより、その単語を自動で単語帳に保存する機能があるのです。

語学勉強にもってこいの素晴らしい機能です。

さらに、単語帳に登録後「フラッシュカード」という機能を利用することにより、覚えたい単語を繰り返し暗記練習することができるのです。

少し難しいので、具体的な操作を順番よく画像で見ていきましょう。


スポンサーリンク


①分からない単語にタッチすると、単語が選択される。

f:id:bicycle-riderback147:20160821194033p:plain

②単語を選択後、ページの空いた箇所を触って選択を解除する。

(選択をするだけで自動で単語帳に登録される為、選択を一旦解除する。)

f:id:bicycle-riderback147:20160821192022p:plain

③選択解除後、上部のエリアをタッチしメニューを出す。

f:id:bicycle-riderback147:20160821192159p:plain

④メニューが出てきたら右上の箇所をタッチする。

f:id:bicycle-riderback147:20160821192217p:plain

⑤単語帳をタッチする。

f:id:bicycle-riderback147:20160821192231p:plain

⑥下部の「フラッシュカード」をタッチする。

f:id:bicycle-riderback147:20160821192248p:plain

⑦単語帳に登録された単語がフラッシュカードとなる。

左右の矢印をタッチすると、次から次へとフラッシュカードが進む。

f:id:bicycle-riderback147:20160821193737p:plain

⑧辞書を開いて詳しく調べることもできる。

f:id:bicycle-riderback147:20160821193752p:plain

習得した単語は「習得済み」を選択すると単語帳から削除されます。

このようにKindleを使って英語勉強をすると、覚えたい単語を簡単にフラッシュカードとして暗記することができます。

紙の本で勉強する場合だと、まず100円ショップに行き、フラッシュカードを購入して手書きで覚えたい単語を書き入れるという面倒な作業をしないといけないですね。

Kindleだと一瞬で効率的にフラッシュカードが完成し単語暗記ができるのです。

みなさんもKindleを使って英語勉強に励んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です