月初めは注意!auとドコモは格安SIMへの乗り換えタイミングは月末が損しないよ!

スポンサーリンク

こんにちは。人生一度きり!

トクする事、タメになる情報を発信して自由人を目指しているコアラ太郎です。

ドコモのiPhone6から楽天モバイルの格安SIMに乗り換え作業中ですが、ドコモなどのキャリアを解約するには少しコツがありましたので記事にします。

 格安SIMに移行前のキャリアの解約には注意あり!

この度、ドコモiPhone6から楽天モバイル の通話SIMに乗り換えをします。

現在は、その乗り換え作業中なのですが、キャリアを解約するタイミングには損してしまうタイミングがあるので注意が必要です。楽天モバイル以外の格安SIMに乗り換えてもそれは一緒です。

キャリアから格安SIMに番号そのままで乗換え(MNP )をするには、順序があります。

① 解約するキャリアのショップに行って、解約のベストなタイミングを聞く。

キャリアでは、料金プランによって2年縛りや1年縛りのプランがあります。

その期間を満了する前に解約をしてしまうと、解約金や解除料が発生するので、それらが発生しないタイミングをショップの店員に”教えてください”とお願いしてみてください。

絶妙な表情で丁寧に案内してくれます。笑

すると、ドコモの場合はこんな書類がもらえました。

f:id:bicycle-riderback147:20170202201606j:plain

少し、見ずらいですが、大事なのは「適用終了日」この日付を過ぎたら解約しても、解約金や解除料がからないというものです。

僕の例でいうと、2年縛りのカケホーダイは期間満了を待たずに解約しますので、解約金9,500円は発生しちゃいます。

9,500円払ってでも、早く楽天モバイル の格安SIMに移りたいので!笑 いいんです!

1年縛りの端末購入サポートは、期間満了したので解約金は発生しません。

(この期間満了を待っていたので格安SIM移行が今頃になってしまっていました。)

僕は、期間満了日の翌日の2月1日になれば、キャリアを解約して格安SIMユーザーになれると思ったのですが、ドコモの月初めの解約には落とし穴がありました。

② 解約する日はキャリアによって違うので注意!

解約金が発生しないタイミングが分かれば、次は解約先のキャリアに「解約したいのでMNP 番号ください。」ってお願いをします。

方法が2通りあります。

1)コールセンターへ電話で申し込みする方法

2)ネットから申し込む方法

絶対に電話での申し込みをオススメします!!

僕はネットから、MNP 予約番号を取得しようと思ったのですが、超難しくてやっかいです!笑

理由は、キャリアは解約して欲しくないので、最後の最後で解約をさせないような、いろんな悪あがきをしてきます!!笑

そのため、解約する為のページに行き着くまで迷路のように難しくしています。

僕も30分格闘した末諦めました。笑

絶対に、年配の方などは不可能に近いと思います!

オススメは素直にコールセンターに電話して、乗り換えの為のMNP予約番号を取得することです。

携帯電話から電話する場合は以下の通り(全て通話料無料)

・docomo  TEL「151
受付時間 9:00~20:00

・ au    TEL0077-75470
受付時間 9:00~20:00

・ソフトバンク TEL0800-100-5533
 受付時間 9:00~20:00

僕は、期間満了日の翌日の2月1日にドコモのコールセンターに電話をしました。

コアラ太郎
解約をして他社に乗り換えたいたいので、MNP予約番号を発行して頂けますか? 
オペレーター
コアラ太郎様、お客様のカケホーダイプランとパケットプランは日割り計算ができません。月初めに解約しても今月分、まるまる一ヶ月の料金が発生してしまいますので、もし解約をするのであれば月末がおトクですよ。

っと、丁寧に教えてくれました。笑

今では、ほとんどの方が通話し放題のプランに入ってると思います。そのようなプランは日割り計算ができないことが通常です。

そのため、解約金が発生しない月の月末ギリギリでの解約や乗り換えがお得です。

僕の場合でいうと1月31日に縛りの期間を満了したので、2月末で楽天モバイル に乗り換えれば、一番お得な乗り換えになります。


スポンサーリンク


ちなみに、au、ソフトバンクの解約するのにオススメな日は、

  • au:月末締めなので月末での解約がトク。(ドコモと一緒)
  • ソフトバンク:契約時に自分が決めた(10日、20日、末日)日の前の解約がトク。

ちなみに、楽天モバイル では月額利用料初月無料のキャンペーンがあるので、2月末に乗り換えが完了しても、2月分の楽天モバイル 分の料金は発生せずに、3月分から発生します。

要するにに、解約先と、乗り換え先の楽天モバイル の月額料金が重複することなくスムーズな乗り換えができます。

最大のポイントは、月末の一週間前ぐらいに解約先のキャリアのコールセンターに電話をして「解約して他社に乗り換えるので、MNP 番号の発行をお願いします。」と依頼することです。

ここで注意があります。MNP 予約番号は発行して15日間が有効期限です。

楽天モバイル の乗り換えるにはMNP 予約番号の有効期間が10日以上残っている必要があります。

あまりにも早い時期にMNP 予約番号を入手しても、月末には有効期限が10日を切っていたら、乗り換えができませんので要注意!

なので、月末の1週間前ぐらいにコールセンターにMNP予約番号の発行を依頼して、同時に、楽天モバイル にも申し込みをするとよいと思います。(郵送の場合届くのに数日要すため)

これまで、郵送での申し込みを案内してましたが、店頭でも契約や乗り換えができます。

不安の方は、店舗で直接手続きした方がいいかもですね。

全国各地の店頭情報はこちら、

楽天モバイル:店舗(楽天モバイルショップ)

僕は、セルフバックなどを利用して2,804円がもらえるという理由から、郵送で申し込みをしようと思っています。

セルフバックで2,804円??

それについては、こちらの記事をどうぞ↓

【格安SIM】2,804円をゲットしながら楽天モバイルを長期間実質0円で利用する方法。

ちなみに、郵送で手続きしても、解約先のキャリアと楽天モバイル が、開通するまでの間、ネットや通話ができなくなる期間はないので安心して乗り換えられるので、郵送でもスムーズに乗り換え作業が完了します。

ご利用の流れ

まとめ

①ショップでいつ解約すれば解約料などが発生しないかを確認。

②解約料が発生しない月の月末の1週間前にMNP予約番号を発行し、楽天モバイルにも契約を申し込む。(店頭での申し込みの場合は、月末ギリギリに店頭で乗り換え)

また、次の作業のステップは備忘録も含めて記事にしますので、乞うご期待。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です