【徹底比較】クリンスイのレンタルが最強!ウォーターサーバーが不要な6つの理由。

スポンサーリンク

こんにちは。人生一度きり!
投資歴11年、経験してきた投資は、ナンバーズ、FX、日本株、米国株、不動産投資、太陽光発電、シストレなどありとあらゆることにチャレンジしてきたコアラ太郎(@koala_taro)です。

好奇心を満たすために、組織、時間に縛られない自由人を目指してブログ運営をしています。

先日、秋葉原の某家電量販店でウォーターサーバーの営業マンから営業トークを受けて、核心に至りました。
「ウォーターサーバーに魅力が無い」笑。

家庭用浄水器クリンスイで十分すぎる!って痛感しました。

最近は大型ショッピングセンターなどで、ウォーターサーバーのしつこい勧誘が目立つようになっていますが、それだけ儲かるビジネスであり、彼らの利益が上乗せされている料金ということも理解しておきましょう。

ってことで、家庭用蛇口直結型浄水器「クリンスイ」愛用歴3年の僕が、ウォーターサーバー不要論を記事に致しました。

ボトル宅配型ウォーターサーバーを不要とする6つの理由。

  1. 高い→水1リットルあたり100円以上する。
  2. 電気代が高い→月額 330円〜1000円オーバー
  3. 衛生面が不安→メンテナンスは故障、破損時
  4. ノルマがある→平均的に毎月4,000円以上購入必要
  5. 解約金が高い→2年縛り&1万円近い解約金発生
  6. 配送休止手数料が発生することがある→60日連続休止で864円など。

そもそもウォーターサーバーのコストが高い。

  C社 P社 F社 Cr社
水1ℓあたりの値段 171円 176円 173円 116円
毎月の電気代 465円 620円 330円 524円〜1,300円
毎月のノルマ
(定期配送)
月24ℓ
(4,104円以上)
月24ℓ
(4,233円以上 )
1週間毎〜4週間毎
(毎月4,988円以上)
3ヶ月で6本以上
(8,100円以上)
水の種類 天然水 天然水 天然水 RO水
サーバー
レンタル代
0円 0円〜1,080円  0円~540円 0円
送料 無料  地域によって0円〜1000円  無料 無料
解約手数料  2年未満9,720円 2年未満1万円〜2万円 9ヶ月未満16,200円
2年未満9,720円
2年以内8,000円
メンテナンス 故障、破損時 各自で  各自で  年1回、毎月450円発生

※税込で計算しています。

主要な人気ウォーターサーバー会社を上記の表で比較したところ、このような結果になりました。恐ろしく高い!笑

ネット通販の影響で、人手不足、配送料の値上げが進む中、今後もこのビジネスモデルは維持できるのか疑問が残ります。
恐らく、今後も値上がりの方向にあると思います。

ある業者のサイトでは、「二人暮らしでもノルマ達成できるか?」をシュミレーションする説明の中で、コップ一杯を約390mlと仮定し「1ヶ月で飲み切れる。」と記載している業者もありました。

一般的にはコップ1杯は200ml程度なので、多少無理のある説明となっている可能性があり、ノルマを達成するために、無理して水を消費するハメになる可能性があります。

また、サーバーの清掃やメンテナンスに関しては、故障、破損時のみ場合が多いです。

サーバー自体は、シンプルな作りなので、故障せずに3年以上使えてしまうことが多々あります。
そうなると、メンテナンスやクリーニングがされないまま、長期間使ってしまうことになってしまい衛生面で不安が残ります。(某家電量販店でウォーターサーバーの営業マンがそう話していました。笑)

ちなみに、Cr社のRO水というのは、浄水する段階でミネラルまで取り除かれてしまうので、人工的にミネラルを添加しています。
人工的に添加をしていると知った時は、驚愕でしたね。。。。

【2018年】レンタル浄水器を徹底比較!安い順でランキング

2018.07.07

家庭用浄水器クリンスイをレンタルする7つのメリット

  1. レンタル費用が安い
  2. 送料無料
  3. 水代が激安
  4. 電気代0円
  5. 衛生的
  6. 解約金が安い
  7. ミネラルでそのままでミネラルウォーターより美味しい

1.クリンスイはレンタル費用が安い


出所:クリンスイ公式サイト

蛇口直結型の浄水器が月額1,000円(税込)でレンタルできます。
ポット型は、月額800円(税込)

ウォーターサーバーだと、安くとも月額4,500円以上の費用が発生するので、クリンスイのレンタルは相当コスパが良いですよね。

ちなみに、ご契約月(初月)は無料なので嬉しいですね。

2.本体と交換カートリッジの送料が無料

出所:クリンスイ公式サイト

初月に浄水器本体とカートリッジが送られてきますが、その後3ヶ月に1回交換用カートリッジが定期的に送られてきます。
送料は、ももちろん無料。

3.クリンスイ使用時の水代は1リットルあたり3.3円

家族で、1日10リットルの水を使った場合、1リットルあたり3.3円でかなり経済的です。

1,000円➗30日=33.33円
33.33円➗10リットル=3.3円

ウォーターサーバーはどんなに安くても、
1リットル100円以上するので、比較にならない安さです。

4.クリンスイは電気を使わないから電気代0円

クリンスイは蛇口の直接接続するので電気は一切使わないで使用できます。

ほとんどの家庭用蛇口に対応していますが、どうしてもご自宅の蛇口に合わない場合は、ポット型のクリンスイが月額800円(税込)の使用をオススメします。

蛇口直結型とポット型、共に電気代がかかることはありませんので経済的です。

ウォーターサーバーなら、電気代だけで月額約300円〜1,000円かかってしまうので、こちらも比較になりませんね。

5.浄水器本体を1年に1回交換してくれるので衛生的

レンタルだからできる年1回の交換サービス。
浄水器の衛生面は大事なポイントなので安心のサービスですね。
お子さんや、赤ちゃんのミルクなどにも安心して使用できます。

僕は購入型のクリンスイを使用していますが、購入型は自分で定期的にクリーニングなりメンテナンスをしないといけません。

その点、年一回の交換サービスは、レンタルクリンスイだからこそのメリットですね。

ウォーターサーバーでは、故障や破損がない限り交換してくれない業者が多いです。

最新式のウォーターサーバーは、冷水と温水の水を入れ替えたり、LEDで滅菌をしたりと、以前より衛生面に関して改善されてきていますが、多くのウォーターサーバーでは以前として、衛生的に不安が残ります。
(メンテナンス機能のないサーバーであれば手動で冷水と温水を定期的に水を排出するなどの作業が必要となる。)

6.更新月以外の解約金はわずか3,000円(税込)

多くのウォーターサーバーが、2年未満の解約で1万円近くの解約料が発生します。

その一方で、クリンスイのレンタルは、更新月(お申し込み月の前の月)での解約であれば、解約料が発生しません。

ただし、更新月以外での解約は解約料が発生しますが、3,000円(税込)なので非常に良心的です。

7.ミネラルはそのまま。むしろ水道水の方がミネラル豊富!

ウォーターサーバーには、天然水とRO水の2種類があります。

  • 天然水は、天然のミネラルが含まれている。
  • RO水は、ろ過してしまったミネラルを後から人工的に添加。

その一方クリンスイでは、水道水に”たっぷり含まれた”ミネラルはそのまま残し、JIS指定13物質とJWPA指定2物質だけをろ過します。

水道水にたっぷり含まれたミネラル?と思ったかもしれませんが、
実はミネラルウォーターよりも水道水の方がミネラルの含有量が多く、そのうえ品質基準もミネラルウォーターとは比較にならないほど厳しいのです。

出所:クリンスイ サイト

クリンスイの浄水性能の高さは、こちらの動画を見れば一目瞭然!赤サビが透明の水に!

ミネラルウォーターよりクリンスイの水が美味しいという調査結果も

出所:クリンスイサイト

水の種類を伏せて行なった調査結果では、クリンスイが見事1位になっています。
僕もクリンスイを3年愛用していますが、本当に美味しいお水です。

出所:クリンスイ サイト

また、フジテレビでかつて放送されていた人気番組「ほこ×たて」とう番組で、
「絶対に水道水だと気づかれない浄水器 VS どんな水も絶対に見極める酒職人」という企画にも登場しました。

対決のルールとしては、日本名水百選に選ばれた4つの名水と、クリンスイでろ過した東京都の古い民家の水道水で対決しました。
結果は、最後に惜しくも見破られてしまいましたが見破った職人のコメントは「味は甲乙ないですね。味では分からなかったと思います。」
とのことで紙一重だったと思われます。

最後に、クリンスイのレンタルには注意点が2点あります。

  1. クリンスイはクレジットカード支払いのみ対応です。
  2. 毎月26日~末日まではお申込みできません。(月内に商品をお届けする為)

クレジットカードをまだお持ちでない方は、僕も愛用している楽天カードをオススメします。

そんなクリンスイにも弱点が…しかし”電気ケトル”でカバー

ウォーターサーバーを愛用している人は、熱いお湯がすぐに出る機能に惚れて利用している方が多いです。

クリンスイの唯一のデメリットは、お湯が使えません。

しかし、5,000円以下購入できる、便利で安心な電気ケトルを使えば、カップ1杯のお湯(140ml)ならわずか、45秒で沸騰します。
なんと!!沸騰する際の電気代は、
わずか約0.44円。

ぶっちゃけ、ウォーターサーバーの電気代10ヶ月程度で、元が取れるほど電気ケトルは購入しやすくなっています。

以上が、ウォーターサーバーを不要とする理由と、クリンスイのコスパが最強だという理由です。
僕も実際に3年以上、クリンスイを愛用しているので、本当にオススメできる商品です。

クリンスイをレンタルではなく、僕のように購入して使いたいという方は、こちらをどうぞ。
自分で定期的にお掃除をしてくださいね♪

交換用カートリッジは、アマゾン専用の割安な3本セットがオススメです。

個人的には、家計の最大の無駄の一つが「ウォーターサーバー」だと思っています。笑

この際に、ウォーターサーバー生活を見直してクリンスイ生活を検討してみてはいかがでしょうか?
節約に貢献できるはずですよ♪

比較コスパ最強!クリンスイの塩素除去シャワーでアトピー軽減生活を目指す

2018.07.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です