比較コスパ最強!クリンスイの塩素除去シャワーでアトピー軽減生活を目指す

スポンサーリンク

こんにちは。人生一度きり!
投資歴11年、経験してきた投資は、ナンバーズ、FX、日本株、米国株、不動産投資、太陽光発電、シストレなどありとあらゆることにチャレンジしてきたコアラ太郎(@koala_taro)です。

好奇心を満たすために、組織、時間に縛られない自由人を目指してブログ運営をしています。

個人的に愛用中のクリンスイの商品ラインナップのうち、今回は塩素除去ができる浄水シャワーを紹介したいと思います。

クリンスイの脱塩素シャワーを購入した理由は、僕の彼女が長年ひどいアトピーに悩まされており、少しでも肌の改善に繋がれば良いなという気持ちで、日本アトピー協会推薦品でもある「クリンスイ」の浄水シャワーを購入しました。

そもそも、シャワー水の塩素を除去する必要があるのか?

私たちが利用している、水道水には、塩素が含まれています。

塩素を添加している理由は、病原菌類の消毒の必要があるからなのです。

塩素を添加する量は、水道法によって蛇口での残留塩素濃度を0.1mg/L以上保持するように定められていますが、水の味やにおいを抑える理由から、残留塩素濃度を1mg/L以下に抑えるという水質管理目標値があります。

そのため、水道から出てくる水に残っている塩素(残留塩素)の人体への影響については、水道水のレベルでは心配ありません。

要するに、塩素を水道水に混ぜているのは、衛生面を保ちつつ、美味しく水が飲めて人体に影響のないレベルを満たすためなのです。

なので、日本では法律により、塩素消毒が当たり前になっているということです。

水道水の残留塩素は時間の経過とともに減少するため、浄水場から遠く離れた地域でも必要最低限の残留塩素を保持できるよう、浄水場で適切な濃度の塩素を注入しています。そのため、浄水場付近では残留塩素濃度が高くなってしまう場合もあります。

引用:東京都水道局HP

東京都水道局によると、浄水場からの距離など、地域によっては塩素濃度にバラツキもあるようです。
とうことは、塩素に弱い人が、住む場所によって、高い残留塩素を浴びている可能性があるということですね。(水道法の制限内で)

塩素のメリット・デメリット

  • メリット:病原性の菌の感染力を失わせる
  • デメリット:肌や髪の細胞を破壊し、本来持つバリア機能を弱める

また、残留塩素はアトピー性皮膚炎の原因のひとつともされています。

残留塩素によって、肌のたんぱく質を酸化させ皮膚の保湿力が低下すると、刺激を受けやすくなったり細菌やアレルゲンが侵入しやすくなり、敏感肌やアトピー性皮膚炎を誘発しやすくなります。

アトピーで悩んでいる僕の彼女に実際に、クリンスイの浄水シャワーを使ってもらうと、水道水に比べ、ヒリヒリ感が激減したと言っています。

そのほかにも、残留塩素は、髪の毛のキューティクルを痛ませてしまい、枝毛、切れ毛、フケ、かゆみなどの原因となることがあります。
女性や男性、年齢にかかわりなく塩素は気にする必要があるのかもしれませんね。

出所:クリンスイサイトより

塩素には、衛生面を守るためという良い面もあれば、悪い面もあることがお分りいただけたと思います。

では、なぜクリンスイの浄水シャワーがオススメなのか見ていきましょう。

クリンスイの脱塩素シャワーはコスパが良い

塩素除去シャワーには、主に3種類のタイプがあります。

  1. 活性炭
    (代表的な商品:東レ「トレシャワー」)
  2. 亜硫酸カルシウム
    (代表的な商品:三菱ケミカル「クリンスイ」 )
  3. ビタミンC(アスコルビン酸)
    (代表的な商品:TOTO「ビタCシャワー」 )

クリンスイは、②番の亜硫酸カルシウム(酸化還元フィルター)タイプの塩素除去シャワーになります。

タイプ 活性炭 亜硫酸カルシウム ビタミンC
商品名 東レ
「トレシャワー」
RS52
三菱ケミカル
「クリンスイ」
SY102
TOTO
「ビタCシャワー」
THY718-2R
本体価格 4,000円程度 2,000円程度 6,000円程度
カートリッジの
寿命
 12,000リットル 8,000リットル 6,000リットル
1ℓあたりの
価格
0.33円 0.25円 1円
塩素除去能力
(除去率)
普通
(50%)
高い
(50%〜100%)
 かなり高い
(100%)

クリンスイは上記表のとおり、ちょうど良いくらいの”中間”の性能で安価です。
塩素除去シャワーの入門編としてもってこいと思っています。

クリンスイの一番シンプルな最安モデルは、こちらです。(僕が購入して使用しているものです。)

 

浄水と原水の切り替えができるタイプは、こちらです。

【2018オススメ】家庭用浄水器クリンスイがコスパ比較で最強である5つの理由

2018.04.07

クリンスイの浄水シャワーは日本アトピー協会推薦品

日本アトピー協会推薦品とは、アトピー性皮膚炎及びアレルギー諸疾患患者の方の生活向上支援と、同疾患への正しい理解のための情報発信を行うことを目的として、平成16年に日本アトピー協会推薦品マーク認定制度を発足されたものです。
このマークはアトピー・アレルギー患者さんにとって有益であろう様々な商品に対して発行されています。
参考:特定非営利活動法人日本アトピー協会

クリンスイの浄水シャワーは、日本アトピー協会推薦品なので、痛んだ髪や敏感な肌、赤ちゃんにも安心して使用できますね。

※推薦品だからと、言ってアトピーが治るということではありませんので、お気をつけください。

スポンサーリンク



※広告の下も、まだ記事は続きます。

実際にクリンスイの浄水シャワーを取り付けて見た!

クリンスイの浄水シャワーヘッドは、ほとんどの家庭のシャワーに取り付け可能です。

以下の写真は、実際に取り付け作業を行なったときのものです。(普通の賃貸アパート)
このシャワーの場合、そのまま取り付けられるタイプのシャワーだったので、2分程度で取り付け完了しました!
既存のシャワーヘッドを回して外し、クリンスイのシャワーヘッドを回して装着するだけ。

そのまま取り付けられるタイプ

  • TOTO
  • INAX
  • KAKUDAI
  • SANEI

付属のアダプターを使って取り付けるタイプ

  • MYM
  • KVK
  • ガスター

※こちらに記載がないメーカーの場合は、クリンスイサービスセンターにお問い合わせください。

女性でも簡単にシャワーヘッドの取り付けができるので助かりますね。

ちなみに、クリンスイのカートリッジを交換する時期の目安は8,000リットル使用時です。
1日1人で8分使用した場合(64リットル)、4ヶ月持ちます。

クリンスイの浄水シャワーは、交換用カートリッジのコストが安いことに加え、取り替え作業も簡単な点も魅力です。

Amazonでは、交換用カートリッジ3個入り(12ヶ月分)が入って、3,000円未満では購入できます。

カートリッジの交換も写真のように、シャワーヘッドを回して手でつまむだけで、超簡単です!

実際の使用感としては、水の勢いも落ちることなく、心地良い水流でした。
水圧重視の人にとってはとても重要なポイントだと思います。
アトピー持ちの彼女は、水道水に比べて、ピリピリ感がほとんどなくなったと言っていました。

世間的には、シャワーにまで浄水機能を付ける必要性が浸透していないと思いますが、今後は、美容や健康意識の高まりで確実に需要が高まる分野だと思います。

そして、これだけコストを安く浄水機能付きシャワーを利用できて、脱塩素生活ができるのであれば浸透していくはずです。

また、僕はシャワーだけでなく、飲み水の浄水器としてもクリンスイを3年以上愛用しているので、興味がある方はこちらの記事もオススメです。

【徹底比較】クリンスイのレンタルが最強!ウォーターサーバーが不要な6つの理由。

2018.07.01

最後にまとめ クリンスイのポイント

POINT

  • 優れた脱塩素能力
  • 4ヶ月の超寿命カートリッジ
  • ほとんどのシャワーに取付可能
  • 本体価格、カートリッジ価格が安い
  • シャワーヘッドの取付、カートリッジの交換が簡単
  • 水量、水圧がそのまま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です