ETCユーザー必見!通行料金最大約50%還元サービスがほとんど知られていないので、声を大にする。

スポンサーリンク

こんにちは。完全自由人を目指しているコアラ太郎です。

最近、知り合いに「ETCマイレージサービスって知ってる?」って聞いたところ、

ほぼ100%の人が知らないと答えました。知ってると知らないとでは、天と地の差があるこのサービスなので、取りこぼしが無いように、声を大にして魅力を説明します。

是非登録して割引の恩恵を受けて欲しいので、参考にしていただけたら嬉しいです。

この記事の要点

  • ETCマイレージサービスに登録して平日朝夕通行料金50%還元を利用しよう。
  • ETCマイレージサービスに登録して付与されたポイントで通行料金を支払おう。
  • 得するクレジットカード会社からETCカードを申し込もう。

ETCマイレージサービスって何?

ETCマイレージサービスって聞き覚えあります?多分ないですよね。笑

多分、誰もあまり気にして無いと思いますが、これを気にしないと大損します。

というか、周知が上手にされていなく、知っている人がむしろ少ない!!

そもそも、ETCを利用すると割引が受けられるということ自体知らない人が多い上に、

その割引を受けるためには、 ETCマイレージサービスに登録をしなければいけないというとを知らない人がほとんどなんです。

特に、通勤、通学で毎日朝夕に高速道路を利用する人は超必見です!!

具体的には、ETCカードをお持ちの方は、ETCマイレージサービスに登録して朝夕の時間、対象の区間を走行するだけで、通行料金が最大50%還元になるんですよ!

さらに、通行料金の還元だけでなく、通行料金の支払い額に応じてポイントがもらえて、そのポイントを通行料金の支払いに利用することができます。

ETCマイレージサービスに登録するメリットのまとめ。

①通行料が最大50%還元。

②通行料金に応じて、支払いに使えるポイントがもらえる。

逆に言うと、ETCマイレージサービスに登録に登録しないと、これらの特典を受けることはできませんので、登録しないと本当に損です。

では、以下で細かく説明していきましょう。

スポンサーリンク

 

①通行料最大50%還元。

f:id:bicycle-riderback147:20160624235110j:plain

すべての車種で平日(月〜金)の朝6時〜9時、夕方17時〜20時に対象区間を通過。

NEXCO東日本/中日本/西日本が管理する地方部の高速道路(東京・大阪近郊は対象外)及び宮城県道路公社の仙台松島道路を通過が対象。

1ヶ月の対象走行回数が、

10回以上で、約50%還元。

5〜9回で、約30%還元。

1〜4回は、対象外。

50%還元を受けるためのポイントは、

  • 東京、大阪都市部は対象外。それ以外はほとんどの区間が対象。
  • 平日の朝6時〜9時、夕方17時〜20時にETCカードを使って対象区間を通過。(入口でも出口でもどちらかが対象時間を通過しればOK)
  • 1ヶ月に10回以上対象走行を行う。
  • 1回の対象走行で還元対象になるのは100kmの距離まで。 

②支払いに使えるポイントがもらえる。

主な道路のNEXCO東日本、中日本、西日本などは、

10円の支払いにつき1ポイントが付与されます。

5,000ポイントで、5,000円分の通行料金に支払うことが可能。

ようするに、5万円の支払いで、5,000円分の通行料金に利用できるポイントがもらえるのです。

驚異のポイント付与率10%!!

簡単!ETCマイレージサービスの登録の手順。

では、これらの特典を受けるための登録の手順を説明します。

ETCマイレージサービス登録に必要な物は3つだけ。

①ETCカード

②車載機管理番号 ※車載機管理番号がわからない方は、以下のリンクを参考に。↓

Q&A2(マイレージ登録について) | ETCマイレージサービス

③車両ナンバー(ナンバープレートの番号)

以下の画像のように登録を進めてください。

f:id:bicycle-riderback147:20160625002002p:plain f:id:bicycle-riderback147:20160625002337p:plain f:id:bicycle-riderback147:20160625002558p:plain f:id:bicycle-riderback147:20160625003341p:plain

ポイント自動還元サービスは、デフォルトで「希望する」にチェックが入っています。

デフォルトのまま「希望する」が手間が省けてオススメです。

あとは、指示に従い進めると登録完了になります。

その後、自宅に登録完了の文書が届きます。マイレージIDとパスワードが記載されていますので、

ETCカードはクレジットカード会社で発行する。

ちなみに、ETCカードはクレジットカード会社で申し込む必要があります。

私は、楽天カードでETCカードを申し込みました。

年会費540円なのですが、通行料金100円につき1ポイント楽天スーパーポイントが貯まるので、年間54,000円支払いをすると、元がとれます。

最後に割引のシュミレーション。

1年間ETCカードを使わず通常料金で10万円分の高速道路を利用していた人がETCカードを利用し、ETCマイレージサービスに登録して平日朝夕割引を利用した場合。

①ETC平日朝夕通行料金50%還元となり、

50,000円の支払いとなる。

②通行料金の支払い10円につき1ポイントもらえるで、(NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社の例)①の5万円の支払いにより、5,000ポイントもらえて、それが5,000円の通行料の支払いに使える。

ここまで実質45,000円

③楽天カードで①の50,000円の支払いを行うことで、楽天スーパーポイント500ポイントゲット。

①〜③を駆使することにより当初の10万円が、最終的に実質44,500円にまで抑えられます。割引率最大55.5%!!

ETCマイレージサービスの登録は、本当に得するのに、周知不足で認知があまりされていません。これをきっかけに是非登録をしてみてください。

1.サービスの概要 | ETCマイレージサービス

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です