【激しくオススメ】dマガジンで月額400円の雑誌読み放題始めたけど1冊で元を取れる神サービス。

スポンサーリンク

こんにちは。完全自由人を目指しているコアラ太郎です。

最近、渡辺直美さんのドコモのdマガジンCMが毎日のようにテレビで流れてますね。

はっきり言って、400円(税抜)でありえないくらいお得なサービスです。

人気の雑誌が160誌以上読み放題(2016年8月13日現在)でバックナンバーも読める雑誌もあり、ひと昔までは考えられないサービスで絶対にオススメです。

f:id:bicycle-riderback147:20160813081420j:plain

読み放題時代到来!月額400円(税抜)は利用しなきゃ損。

雑誌って普通に買うと、1冊400円以上はしますよね?

これまで毎月1冊雑誌を買っていたという人でdマガジンのサービスに含まれている雑誌を購入していたという人は、dマガジンを利用するとその時点で節約になります。

まずは、dマガジンの参加雑誌一覧に自分が普段読んでいる雑誌が含まれているか確認しましょう。1冊でも好みの雑誌があればこの時点で即入会をオススメします。

以下が参加雑誌一覧です。チェックしてみましょう。(2016年8月13日現在)

f:id:bicycle-riderback147:20160813082703p:plain f:id:bicycle-riderback147:20160813082713p:plain f:id:bicycle-riderback147:20160813082719p:plain f:id:bicycle-riderback147:20160813082723p:plain f:id:bicycle-riderback147:20160813082727p:plain f:id:bicycle-riderback147:20160813082731p:plain

さて、あなたが普段読む雑誌は何冊ありましたか?

1冊でも普段読んでいる雑誌があったという方は、dマガジンの加入をオススメです。

その前に、多くの方がこれだけ多くの雑誌が読み放題に含まれていることに驚いたのではないでしょうか?

今のところ、31日間無料体験できますので、無料体験を試す価値はあります。

magazine.dmkt-sp.jp

僕は、これまで雑誌は基本的に買いませんでした。笑 えっっっ!!??「さっき普段雑誌を買う人が得する。。。とか言っていたじゃないか!」って思われたかもしれませんが、僕は普段、本を持ち込めるカフェ併設の書店でドリンクを400円程度で購入して、5冊程度の雑誌を持ち込み可能数読んでいました。

そういう方にももちろんオススメします。

dマガジンを利用すると、雑誌を読むためにわざわざカフェに行く必要も無くなりますからね。

読める雑誌の冊数制限もありません。

カフェの開店、閉店時間を気にする必要もありません。

dマガジンは24時間いつでもどこでも雑誌が読み放題になるのです。

家のソファーでゴロゴロしながら、ベットでダラダラしながら、通勤電車でスマホで読むこともできます。

僕と同じように普段雑誌は買わないけど、雑誌を読むためにカフェ併設書店に行ってドリンクを購入していた人もすぐ元が取れます。

Amazon読み放題とdマガジンを組み合わせると、もはや最強。

僕もAmazon Unlimitedを利用しているので、そちらでも雑誌読み放題が利用できます。しかし、Amazon読み放題に無い雑誌が、dマガジンにあって、Amazon読み放題にある雑誌がdマガジンに無いという補完関係にあることが多いです。

二つのサービスを組み合わすと雑誌読み放題に関しては現時点で多くの雑誌をカバーしており最強だと思います。

Amazon、dマガジン、楽天マガジンで読める雑誌比較は、こちらのブログが大変参考になります。

www.wildhawkfield.com

誤解多いけど、ドコモを契約していない人でも加入できます。

dマガジンってドコモのスマホを契約している方限定のサービスかと思いがちですけど、誰でも加入できます。もちろん同額の400円(税抜)で。

サービスの名称がドコモの方限定みたいな感じでややこしいですよね。笑



スポンサーリンク


どんな端末で雑誌が読めるの?

f:id:bicycle-riderback147:20160813091551j:plain

スマホやタブレット(iPhone、Android)、パソコン(Win、Mac)で利用できます。

要するに、ほとんどの端末で雑誌を読むことができます。

スマホやタブレットでdマガジンのアプリを使えば、記事の保存や雑誌のお気に入り登録など便利な機能が使えてオススメです。

パソコンからはdマガジンのアプリが利用できませんが、画面が大きいので、大変読みやすいです。

ただ、パソコンで利用した印象では、画面拡大すると文字がピンボケのようで読みにくいです。スマホでは、拡大しても文字は綺麗に読めます。ここは今後改善して欲しいです。

注意!普通に利用すると、AmazonのKindle FireなどのAmazonタブレットはアプリダウンロードができませんので、注意が必要です。

ちょっと待った!!Amazon Kindle Fireでもアプリができるようになる裏技があります。

k-zilog.com

僕もこの技を参考にさせて頂き、4,980円の激安Kindle Fireでdマガジンを読んでいます。少し手間ですが、これこそ最高のオススメで、最強のコスパです。

f:id:bicycle-riderback147:20160817095454j:plainf:id:bicycle-riderback147:20160817095448j:plain

スマホで、雑誌を読むことも可能ですが、やはり雑誌を読むには小さく感じるのでタブレットやPCで雑誌を読むのが最適ではないでしょうか。

iPadなどをすでにお持ちの方は、そのままアプリも利用できますので、簡単手軽でベストだと思います!

厳選! オススメ雑誌!!

▼料理番組系レシピ雑誌

女性、主婦には絶対にオススメ。毎日料理を作る主婦は日々の献立に苦労していると思います。作り方、レシピが見れて本当にオススメです。

特にdマガジンはこの手の料理番組系レシピ雑誌が豊富です。

正直、僕がdマガジン加入の決め手はこれだと言っても過言ではないくらい最高です。

また、料理番組系の雑誌の読み放題の凄いところは、バックナンバーが充実しています!これまで紙の雑誌で定期購読をされていた方はこちらに乗り換えた方がいいかと思います。

・上沼恵美子のおしゃべりクッキング。

※参考 本屋さんだと1冊定額490円(税込)

なんとバックナンバーは過去6ヶ月分が無料で読めます。

f:id:bicycle-riderback147:20160813094009p:plain

・今日の料理

※参考 本屋さんだと1冊定額505円(税抜)

バックナンバーは、過去1ヶ月分が無料で読めます。

f:id:bicycle-riderback147:20160813094016p:plain

・3分クッキング

※参考 本屋さんだと1冊定額407円(税抜)

なんと!バックナンバーは、過去10ヶ月分が無料で読めます。

f:id:bicycle-riderback147:20160813094023p:plain

 ▼財テク・マネー系雑誌

読み放題で得する情報や株、FXなどの投資の知識を得ることができて、そのうえに雑誌から得た情報で本当に儲かったら、これほど嬉しい話はありませんね。

もはや元を取るレベルの話では無くなってきます。

・ダイヤモンドZAi

f:id:bicycle-riderback147:20160813101116p:plain

※参考 本屋さんだと1冊定額676円(税抜)

バックナンバーは、過去1ヶ月分が無料で読めます。

・日経マネー

f:id:bicycle-riderback147:20160813101250p:plain

※参考 本屋さんだと1冊定額690円(税込)

バックナンバーは、過去1ヶ月分が無料で読めます。

・PRESIDENT

f:id:bicycle-riderback147:20160813101304p:plain

※参考 本屋さんだと1冊定額750円(税込)

なんと!バックナンバーは、過去1年分の23冊が無料で読めます。(月に2〜3冊発行の為)

まとめ

近年、Hulu、Netflixなどの月額定額映画見放題などが普及してきましたね。

今、映画見放題の次に、本読み放題、漫画読み放題、雑誌読み放題の波がきています。

dマガジンの雑誌読み放題サービスは、現時点で数ある雑誌読み放題サービスの中で最も素晴らしいと思っています。

最新のトレンドや情報が入手できてその上、月額が非常に安いということを考えると、これまでの定額制サービスに比べてかなりコスパの高いサービスです。

これを利用しない手はないと思っています。

インターネットでは信頼できない情報や噂も含まれていますが、雑誌だとその点インターネットからの情報に比べて信ぴょう性の高い確かな最新情報が手に入ると思っています。

わずかコーヒー1杯程度の値段で、最新かつ多岐にわたる情報が手に入ります。

地道に情報を集めることによって将来他の人に差をつけられるという点で十分な価値があります。皆さんもお試しあれ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です