原価率10%のボロ儲けビジネスを再現!激ウマ「自家製ジンジャーエール」編

スポンサーリンク

FP2級保有のコアラ太郎(@koala_taro)です。
トクする情報、タメになる情報を発信して「自由な働き方」を目指しています。

僕の小さな趣味は、美味しく儲かっているお店の味を家で再現することです。

タピオカドリンクが利益率高く話題でしたが、もっと儲かりそうなドリンクを手作りで作ってみました。

今回は、「ジンジャーエール」を手作りしてみましたので原価や粗利、営業利益率、損益分岐点などを計算してみます。

ボロ儲け、激ウマ自家製ジンジャーエールの作り方(レシピ)

ジンジャーエールシロップの材料:250ml分(約15杯分)
作業時間は、1時間もあれば十分です!

必要な材料

  • しょうが 200g:原価200円
  • 砂糖(オーガーニック)190g:原価205円
  • 水 300ml:原価ほぼ0円
  • ブラックペッパー(ホール)10粒程度:原価5円
  • クローブ(ホール)5粒程度:原価14円
  • シナモンスティック1本:原価32円
  • レモンの絞り汁 お好み:原価20円

ジンジャーシロップの原価合計は、476円(1杯あたりの原価32円)

そのほか必要な、道具として

  • 保存用の瓶(100円ショップで手に入ります。)
  • アルコール消毒(ドラッグストアで手に入ります。)

作り方は超簡単!作業1時間で美味しいジンジャーエールが作れる

1.しょうがを綺麗に洗って、栄養たっぷりな皮まで丸ごとスライス

流水で、手でゴシゴシしながら汚れを落としましょう。(所要時間10分)

2.鍋にスライスした生姜を入れて、砂糖をまぶすように入れる

砂糖をまぶして、1時間ほど放置すると、ショウガから水分が出てきます。

3.スパイスと水を加えて、煮出す

中火で火にかけ、沸騰したら弱火にします。(所要時間20分〜30分)

トロトロしているので、弱火でもすぐに沸騰しますので、火加減をみつつ、時々かき混ぜながら20分〜30分煮出します。

お好みで、唐辛子やカルダモン等のスパイスを入れるのもOK

水は、水道の蛇口に繋ぐだけで、美味しい浄水が飲める「クリンスイ」を愛用しています。

【徹底比較】クリンスイのレンタルが最強!ウォーターサーバーが不要な6つの理由。

2018.07.01

4.最後にレモンの絞り汁を加えて、冷やしたら完成!

仕上げに、鍋の中に生のレモンを大さじ2程度絞るのですが、面倒であれば市販のレモン汁でも良いと思います。

レモン汁を加えたら、ひと煮立ちさせ、冷めたら完成です。

濾しても良いですが、僕は面倒なので、そのまま瓶につめました。

5.保存用瓶はアルコール消毒し、シロップは冷蔵庫で保存

瓶は、100円ショップで200円程度で手に入ります。

アルコールは、ドラッグストアで購入しましたが意外と高く、800円程度しました。

オススメのアルコールは、主婦の間で有名な、「パストリーゼ77」ですが、
業務スーパーで販売している「除菌アルコール78」という消毒がさらに安くコスパ最強です。

冷蔵庫での保存は、1週間程度で飲みきるようにした方が良いでしょう。

試飲!手作りジンジャーエールは絶品で市販品と比べて断然健康的!

あとは、出来上がったシロップに、炭酸水(200ml)を注いだら完成です!

濃さは、お好みでシロップのや炭酸水の量で調整してくださいね。

手作りジンジャーエールは、スパイスが効いていて大人が飲んでも美味しいです。
めちゃくちゃ旨いです!!!

また、お子さんに市販のジュースを飲ますぐらいなら、手作りしたジンジャーエールを飲ませる方が健康的だと思います。

ちなみに僕は、炭酸水も自家製です。(クリンスイ+ドリンクメイト)←オススメです!

【コスパ最強】炭酸水メーカーとクリンスイで自家製炭酸水を作ろう!

2019.11.24

自家製炭酸水の200mlの原価は、わずか5円!(1リットル25円)

なので、シロップと炭酸水を合わせたジンジャーエール1杯の原価は、37円となりました。

炭酸水でなく、ただの水を注げば、「ジンジャーウォーター」。ミルクを注げば、「ジンジャーミルク」とアレンジは色々可能。

副業に良いかも!?自家製ジンジャーエールは儲かるか?

ジンジャーエールの原価率、粗利率

先ほど、計算したように、1杯のジンジャーエール215ml(シロップ15ml+炭酸水200ml)の原価は、37円の計算です。

ジンジャエール専門店の売価を調べたところ、一般的にMサイズ(氷をいれると215mlくらいだと思う)で350円程度で販売されています。(高いお店は500円のお店も!)

350円に対して、原価37円なので、原価率約10%です。ということは粗利率は90%となります。

一般的に、飲食店の原価率は30%が目安だと言われているので、ジンジャーエールの原価率がいかに低いかがわかります。

ボロ儲けビジネスで有名なタピオカドリンクも原価率約10%だと言われています。

ただ、同じ原価率でもタピオカドリンクとジンジャーエールのは、オペレーション(手順)が全然違います。

ジンジャーエールは、コップに氷とシロップを注いで、炭酸水を注ぐだけです。

対して、タピオカドリンクは、タピオカの種類、量、氷の量、シーリングなど作業手順が多いです。

また、ドリンクビジネスは、極小スペースでも商売が成立しますし、フードトラックでの販売とも相性が良いです。

某有名レモネード店は、わずか3.5坪のスペースで1日500杯、月商500万円を販売しているお店も存在しています。

この企画の記事第2弾は、「レモネード」です!以下の記事も良ければご覧ください。

原価率15%のボロ儲けビジネスを再現!「自家製レモネードソーダ」編

2020.01.05

自家製ジンジャーエールの営業利益率、損益分岐点は?

簡易的に、1日あたりの売上で計算してみたいと思います。

  • 売上:42,000円(350円×120杯)
  • 原価:4,440円(37円×120杯)
  • 容器代:960円(8円×120杯)
  • 人件費:8,000円(1,000円×8時間)
  • 水道光熱費:1,000円(推測)
  • 家賃:4,000円(4坪、月額12万円)
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 営業利益:23,600円
  • 営業利益率約56%

参考:損益分岐点グラフ診断(無料):アフォードビジネスコンサルティング

一般的な飲食店では、営業利益率は8%〜10%と言われているので、56%は驚異的な営業利益率です。

ジンジャーエール販売は、まさに超儲かりビジネスです。

また、FLコスト(比率)も50%が目安と言われているので、驚異的な数字です。

※FL比率:30%
F(フード)、L(レイバー)=売上に対する、材料費と人件費を足した率

スーパーで買ってきた食材の価格での計算ですので、実際にビジネスをするのであれば、スケールメリット効かせて、原価率をさらに下げることは可能です。

特に、原価の大半を砂糖が占めており、今回はオーガニックの砂糖をしようしているので少しコストがかさみました。

さらに、炭酸水も家庭用の炭酸メーカー(ソーダストリーム的な)物を使った原価計算なので、業務用の炭酸水の機械を使えば、さらにコストを下げることができます。

ビジネス的な視点で書きましたが、普通に自宅で手作りジンジャーエールの美味しさを体験してみください。

やみつきになると思いますよ♪