流行間違いなし!カーシェアサービス「Anyca」を利用してスノボ旅行に行ったので良さを伝えるよ。

スポンサーリンク

 こんにちは。人生一度きり!

トクする事、タメになる情報を発信して自由人を目指しているコアラ太郎です。

これからの時代は、すべてシェアする時代です!

今後、間違いなく流行るであろうカーシェアリングサービスAnycaを利用して栃木にスノボ旅行に行ってきたので、Anycaの良さをお伝えします。

f:id:bicycle-riderback147:20170128112721j:plain

 カーシェアリングサービス「Anyca」とは?

Anycaとは、一般の人が所有するクルマを借りたい人にシェアできるというサービスです。

最近は、民泊サイトAirbnbが流行っていますが、Airbnbが空いている部屋や家を他人に貸すのに対して、Anycaは空いている車を他人に貸すサービスです。

スマホのアプリやPCから簡単にクルマを借りれるので、めちゃくちゃ便利なサービスです。

Anyca (エニカ) “乗ってみたい”に出会えるカーシェアリングアプリ

 

エニカは、自分が所有する車を乗らない日に、乗りたい人にクルマを貸すというものでインターネットが発達したからこそ、できる素晴らしいサービスです。

Anyca (エニカ)

Anyca (エニカ)

  • DeNA Co., Ltd.
  • ライフスタイル
  • 無料

これからは、すべてのモノをシェアする時代が間違いなくきます。

シェアこそ、無駄を省くことができて、効率的な社会になると思えます。

Anycaの魅力は、安い、車種が豊富。

エニカは、本当にいろんな種類の車が登録されています。北は北海道から南は沖縄までシェアできます。

車種も様々で、例えば。。。

・BMW

f:id:bicycle-riderback147:20170128113316p:plain

・レアな旧車

f:id:bicycle-riderback147:20170128113407p:plain

などなど、他にも以下のような車をシェアできます。

  • 軽自動車
  • エコカー(プリウスなど)
  • 普通の車
  • 高級車や外車(ベンツ、アウディ、レクサスなど)
  • オープンカー
  • キャンピングカー
  • テスラ(最新の電気自動車)

車好きな方にしてみれば、

いつでも、安い料金で、乗ってみたい車が利用できるので最高なサービスです。

スポンサーリンク

 

実際にAnycaで車を借りてみた!!!

いろんな種類の車がある中で、今回僕らは、男5人で東京から栃木へスノボ旅行に行く為に、広々重視で8名以上乗れる条件で検索して出てきたハイエースを改良したキャンピングカーを利用することにしました。

僕らが借りた車がこちらです。

f:id:bicycle-riderback147:20170126225752p:plain

外観から想像できないくらい綺麗な内装!

f:id:bicycle-riderback147:20170126225951p:plain

ちなみに、

とあるレンタカーサイトでは、同じような10人乗りのハイエースキャンピングカーが週末1日22,000円でしたが、

エニカでは14,800円。

エニカは、レンタカー事業ではなく、あくまでもシェアリングなのでこのように格安で利用することができるのです。

この大きなキャンピングカーのおかげで、ゆったりできて、スキー場に着いても暖かい車の中で着替えができてとても便利でした。

これからのシーズン、東京にお住いの方でスキーやスノボに大勢で行くときはこちらの車オススメします。

anyca.net

室内ヒーターがあるので、真冬に車中泊も余裕でできます!

オーナーさんもとても丁寧な方で、不安もなく快適にシェアすることができました。

誰も見たくないと思いますが、野郎どもが車の中で着替えている様子です。笑

広々なので、室内でウェアの着替えも問題なし!!

f:id:bicycle-riderback147:20170126230657j:plain

Anycaは車を貸す側のオーナーも経済的にメリット

エニカの良いところは、車を貸す側(オーナー)に、

90%の利用料が入ってきます。

アプリの運営元に対して、利用料の10%が手数料として引かれます。

利用料を得ることで、車の所有コストを抑えることができるサービスなのです。

すでに車を所有している人にとっては、確実に家計の節約になります。

大儲けができるようなサービスではありませんが、車の費用を抑えることは確実にできます。

エニカのサイトによると、

実際に、東京23区でオーナーとして車を貸し出している人は、平均月々25,000円受け取れているそうです。

 Anycaは新しい交友関係のきっかけにもなる!

エニカでは、アプリ上から気に入った車や、オーナーの写真、説明文などをみて、どの車をシェアするか決めます。

会ったこともない人から車を借りることに抵抗があるかもしれませんが、

まったく緊張することはありません!

見ず知らずの人とはいえ、何かの縁があってシェアする関係になるので、思わぬ人脈形成につながることもあります。

これが、カーシェアの醍醐味の一つとも言えます。

今後、カーシェアは間違いなく流行る!

ソニー損保の2017年新成人のカーライフ意識調査によると、

カーシェアを経験をしたことがある答えた人は、

わずか4.9%

f:id:bicycle-riderback147:20170128111136p:plain出所:ソニー損保、「2017年 新成人のカーライフ意識調査」 | リサーチレポート | トピックス | 自動車保険ならソニー損保におまかせ!

カーシェアを 利用してみたい人は、28.4%もいるので、カーシェアの安全性や手軽さが認知されると、今後間違いなくカーシェアの利用率は高まるはずです。

民泊のAirbnbも数年前までは物件数は少なかったですが、ニュースで良くも悪くも取り上げられることで爆発的に認知度が増えたように、エニカも今後爆発的に広まるはずです。

将来、最終的には完全自動運転の車をシェアする時代になるはずです。

車を所有する必要もなくなり、タクシーに乗る必要もなくなります。

ライドシェアのUberも今後、規制緩和されて日本で流行ることを願います!

定額料金を支払い、常に町中を回送している自動運転車にスマホアプリを使って、乗りたいときに乗って、降りたいときに降りるという時代がくるはずです。

高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故など、ニュースで目にするとが増えてきてるので、自動運転により、安全安心な車社会が早く来て欲しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です